ほのぼの日常

映画、ニュース、なんでもいい
自由気ままに更新

くだらない

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00000004-jct-soci


民進党の蓮舫議員に追求されるVRゲームだそうだ。


一言で言えば くだらない



自分の二重国籍をきちんと説明できず、自分に甘い政治家など必要ない。

世間では鋭い質問だ、次の女首相とか言われてるようだが


ありえない。




そもそも民進党に期待できないし、投票するはずがない。




ガソリン山尾さん、二重国籍蓮舫さん、幼稚園進入辻本さん、政治献金玉木さんなどなど


残念ながらまともな議員がいない。



民進党が民主党の時に政権を担った時を思い出して欲しい。


沖縄の基地問題を複雑化させ、中国、韓国に対しては土下座外交。地震の時はまともに対応できずマスコミを脅し情報統制しようとしたり、コンクリートから人へというスローガンの下に公共費を削減した結果、道路や橋の補修が難しくなったりと、まともな成果が出た政策など1つもない。


つまり、政権を運営できる党ではなかったのだ。

民進党は対案を出せず、ひたすら与党の政策に反対し、閣僚を引きずり下ろすことしか考えてない。


自民党独裁と言われた時期があったが、その原因は野党にある。


もちろん自民党が素晴らしいかと言われると、首をかたむけてしまうが、少なくとも民進党よりかはマシだ。



1人でも多くの有権者が、しっかり政治家を選んで投票し、日本のためになるまともな政治家が増えることに期待したい。

そのためにも組織票を廃止して欲しいし、一度落ちた議員が比例復活とかもできればやめてほしい。



ともかく、民進党は一度解体し、まともな組織になるようにやり直した方がいい。


Tell me clab

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00000020-asahi-soci


てるみくらぶが破産した。

破産のため、約三万人以上が影響を受けるらしい。


ちなみに破産とは

債務者が債務を完済することができなくなった状態。また、そうなった場合に、債務者の総財産をすべての債権者に公平に弁済するために、破産法で定められている制度。



要するに、お金を返すのに時間がかかる、あるいは返せなくなるということ。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00005893-bengocom-soci


現在てるみくらぶを利用している旅行者は、てるみくらぶが宿泊費を払えてないため、自分でもう一度宿泊費や飛行機代を払わなければならないようだ。

非常に悲惨である。



海外旅行は国内旅行と違い、かなりのお金がかかるし、飛行機のキャンセル待ちなどでストレスもたまり、旅行者が心配だ。



さらに悲惨なのが高卒の内定者を50人も採用していることだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170328-00000020-ann-soci


経営悪化の要因は一昨年からの広告費が原因らしい。

てるみくらぶの社長は詐欺を否定しているが、主的には詐欺同然だと思う。


何故なら、経営悪化が分かっているにも関わらずツアーを企画してお客さんを集め、実際に入金させたりしている。

そして、入金したお金を返せない。


おおかた借金返済に使ったと思われるが、これを詐欺と言わず何と言うのだろうか。





てるみくらぶは格安を売りにして成長してきた。過当競争のせいもあるだろうが、格安を売りにしてしまった場合値上げに踏み切るのは非常に難しい。


消費者は値上げに敏感だからだ。


では何故格安にしてしまうのか。

例えばA社、B社が同じようなツアーを企画する。A社はソウル3日間で8万円、B社は3日間で6万円だったらどちらを選ぶだろうか。


大体の方がB社を選ぶのではないだろうか。


数日後、A社に全然お客さんが来ないため、思い切って5万5千円にする。


するとどうだろう。

A社にお客さんが集まりだす。


B社のお客さんが減ったため、A社からお客さんを取り戻そうと価格を5万円にする。

また、B社にお客さんが戻ってくる。


こういったことをイタチごっこしているうちに、利益が生まれず採算が取れなくなり経営悪化する。

きっと、てるみくらぶもこのような状態に陥った可能性がある。


しかし、何故今なのだろうか。


おおよそ上記のような状態でなんとかやっていたのにも関わらず、お客さんをさらに増やそうと一昨年から新聞、テレビ、ラジオなどの広告費が想定以上にかさみ、経営悪化に拍車をかけたのではないだろうか。




てるみくらぶのせいで、他の旅行会社にもしわ寄せが来るはずだ。

特に似たような格安を売りにしてた場合、真っ先に疑われるかもしれないし、キャンセルが多発するかもしれない。


さらに言えば、主の考えすぎだが、何ヶ月、あるいは何年もの間、消費者は海外旅行を控えだすかもしれない。

こうなると飛行機の路線維持が難しくなったり、一定の旅行会社が潰れだす可能性もある。



格安ツアーを選ぶ気持ちも大いに理解できるが、格安には格安なりの理由があるということを考えた方がいいのかなと感じる。


スポーツ(^_^)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00000007-jct-soci


高校野球の公式戦の一試合が終わった。

そのスコアは何と5回コールドで91対0。しかし、負けた監督は胸を張って選手はダメじゃないとおっしゃったようだ。


さて、皆さんがこのスコアを見たらどのように思うのか??

弱すぎる、これが野球の公式戦?と不思議がるかもしれません。


主がやってるラグビーでも、力の差がありすぎる試合では100点を超えるゲームも珍しくない。

ただ、野球でこのスコアを見た時は非常に驚いた。




しかし、何故ここまでスコアが開いてしまったのだろうか。



私立英心高校と言う高校は、不登校の子ども達を多く受け入れる学校だ。

野球経験のある豊田監督が、キャッチボールをしている子達に目をつけ、週一回のクラブを作った。



そこから人数を集め、英心高校野球部が成立。


練習試合も大敗し、時には相手チームがわざとアウトになるような屈辱的なこともされたそうだ。




そんな中迎えた公式戦。

相手の宇治山田高校は強豪のようだが、彼らは一切手を抜かず、英心高校を倒した。


英心高校野球部にとっては初めてチームとして認められたような試合だったらしい。


豊田監督のインタビュー


不登校だった子が、ただ学校に来るようになるだけではダメだと思っています」とした上で 私は野球を通じて心がしっかりと育ってほしい。自分の将来に前向きになり、人間性が形成されていってほしいです。うちの高校の生徒は体力的にもちょっとひ弱なので、野球で受験勉強のための持久力や忍耐力もつくと考えています



とおっしゃった。



さて、何が素晴らしいのか。


不登校だった子達がスポーツをはじめたことが素晴らしいのか。


そうではない。


スポーツを通して、悔しさや楽しさを共有できたりする、かけがえのない友人を作ることをできたことが素晴らしいのだ。





主にとって部活の友人と言うのは、同じ目標を志す同士のようなものだ。


部活の友人は一生ものだし、共に鍛えたり、公式戦で負けた悔しさ、勝った嬉しさを共有できたりと、主にとって部活の友人は何にも変えることができない。


彼らと過ごした時間の1つ1つが主にとって宝だ。





主は団体スポーツだからこそ味わえる経験だと思っている。

このような経験は滅多にできることではないし、歳をとってからでは難しい。





もしも、お子さんが中学や高校で部活に入りたいと言った時は、拒否するのではなく認めてあげてほしい。


合宿や部費、用具費と何かとお金がかかるかもしれないが、子供にとって今後の人生に必ずプラスになるはずだ。


主はそう信じている。


少しでも多くの子供が文化部でも運動部でもどちらでもいいので、かけがえのない友人を1人でも多く作ってほしい。