ほのぼの日常

映画、ニュース、なんでもいい
自由気ままに更新

自分たちで精一杯( ; ; )

ーー結局は歓迎されないーー


http://www.bbc.com/japanese/41632000



オーストリアの総選挙でなんと31歳の若き首相が誕生しました。

その名もセバスティアン・クルツ氏です。


彼は2013年で既に最年少の外相でした。




なぜ選挙で勝てたのでしょうか。




選挙の争点となったのは 難民 です。

彼らの難民に対する政策は


①欧州への移民の流入経路の閉鎖

②難民への社会保障支払いの上限設定

③社会保障の受給に国内での居住5年以上を条件にすること


などです。



選挙結果的には、この政策をオーストリアの国民が支持したということです。



難民に対して厳しい政策を掲げているのはオーストリアだけではありません。

最近はオランダやイギリス、フランス、ギリシャもそうです。


あの難民に対して寛容なドイツでさえ、新興右派政党の「ドイツのための選択肢」(AfD)に議席を取られ、その対応のために難民の上限を設けたほどです。


https://www.jiji.com/sp/article?k=2017100900335&g=isk



政策の差はあれど、難民に対する政策は刻々と厳しいものになっています。




難民がヨーロッパを目指す理由の一つは少なくとも自国より安全だからです。

銃弾や砲弾は降ってこず、地雷は埋まっていないなど死と隣り合わせの生活から抜け出したいはずです。


しかし、この難民に紛れてテロリストが入り込んだり、生活に馴染めず犯罪に手を出してしまうような人たちがいるから非常に問題なのです。


そして、残念ながらそういった人たちを見分けることは不可能です。



残念ながら日本も他人事ではありません。


http://www.sankei.com/smp/politics/news/170924/plt1709240017-s1.html


ちょっと前の記事ですが、麻生氏がこのような発言をしました。


武装難民かもしれない。警察で対応するのか。自衛隊、防衛出動か。射殺ですか。真剣に考えなければならない



この発言は、万が一朝鮮戦争が起きた際に、近くにある日本に押し寄せてくるであろう難民の中で武装しているような難民、あるいは戦争から逃げてきた兵士などがいたらどのような対応をするのかみたいな発言でした。



この発言を アサヒシンブン は難民に対して射殺みたいなイメージ操作をした疑いがありました。

射殺の発言はあくまで難民が武装していたらどう対応すべきかなのであって、全ての難民に対してではないとわかっているのにも関わらずの発言の抜き取りには驚きました笑


麻生氏も乱雑な発言だったとは思いますがその辺は置いときます。



主的には朝鮮戦争であれば武装して逃げてくる難民は兵士や工作員以外だったらいないはずです。


欧州に逃げてきている難民もおそらく持っていないか、捨てたか、逃げる際に売ったか、国境に着いた時に銃を渡したり、調査されているでしょう。




では、もし朝鮮戦争の際に難民が日本に来たらどのような問題が起こりうるのでしょうか。


①日本のどこに収容?一時的に滞在してもらうのか


この狭い日本で、万を超えるような朝鮮半島の人たちが来たらどこに滞在してもらえばいいのでしょうか。中国やロシアなど広ければ解決できそうな問題ですが日本では難しいです。


おそらくマンション的なプレハブを多数用意したり、公園でテント生活にも限度があるでしょう。



②どこまで支援するのか


人道的な配慮と言って飲み水や食べ物などは支給したりするでしょうが、薬や金銭的な支援はどうするのでしょうか。

おそらく税金で賄うのでしょうがかなりの予算が必要となり、私達はわかっていても、もしかしたら反感を持ってしまうかもしれません。



他にも治安や労働の搾取問題、賃金などで揉めると思いますし、戦争が終わって全員を帰らすのも一苦労だと思います。


しかし、これは全て朝鮮戦争が起きた時なので現在は大丈夫です。


日本の場合問題なのは、外国人実習制度の悪用や、密入国やオーバーステイなどです。

特に実習制度はきちんと利用している企業もありますが、悪用するような企業もあります。


そういった悪用する企業を是正させない限り問題となり続けると思います。





最後に

難民を受け入れないなんて人道的配慮に欠けるなどと思いますが、これは当事者でない我々が批判してはいけません。

なぜなら未だ対岸の火事みたいなこともあったり、実感がわからないからです。


反対に難民の方たちに国に帰れなどと言う資格ももちろんありません。

私達は難民の気持ちなど一つもわかるはずないし、私達は恵まれすぎているからです。


当たり前のように食事をし、仕事や学校へ行き、好きなことをやって、何にも恐れず寝れる


こんな私達が難民の気持ちを理解できるなどと言ったら難民の方々に大変失礼であり馬鹿にしていると思われてしまうのではないでしょうか。


難民 と言う言葉がなくなるような世界になるには私達はどうすればいいのでしょうか。

公平公正なんて無理(((o(*゚▽゚*)o)))

ーー脱退へーー


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171013-00000000-ykf-int



アメリカが国連教育科学文化機関(ユネスコ)を脱退しました。

脱退するきっかけは、聖地エルサレムの保護に関する事案をアラブ諸国の主張に沿う形で採択したからです。


エルサレムと言えば、イスラエルが首都と自称している土地です。



もともとユネスコと米国及びイスラエルは、うまくやっていけていませんでした。



その理由の一つがパレスチナです。



2011年にユネスコがパレスチナを国として認めたのが大きな要因です。

そのため、アメリカはユネスコに対する拠出金の8000万ドル以上を止めました。



http://www.bbc.com/japanese/41605182



イスラエルとアラブ諸国は以前から宗教や、国の成り立ちからうまくいかず、何度も戦争を起こしていて、あちらこちらで戦争の火種がくすぶっています。



アメリカやイスラエルが脱退するのは仕方ないとして、問題となっているのはユネスコの政治利用です。




前提として、ユネスコはどこにも肩入れしてはいけない公平、公正な組織でなければいけません。

http://www.mext.go.jp/unesco/003/001.htm



しかし、残念ながら日本側からすると政治利用されているのではないかと疑われる案件が多いです。


皆さんも記憶に新しいと思いますが、世界記憶遺産に南京大虐殺と呼ばれるありもしない出来事を登録されてしまいました。



とは言っても、虐殺とは何人からなのか、あるいは市民を1人でも殺しただけで虐殺なのか定義がわからないです。

そのため主的には、20万30万もの市民を殺したというの中国側の意見は間違っていますが、1人も市民が死んでないとは言い切ることができない歯切れの悪い事件です。


つまり、真相がわからないのです。



他にも売春婦どもを記憶遺産にしようとしたりとしっかりした調査を行われているのか怪しいです。



さらに決定的なのがユネスコの事務総長が中国の軍事パレードに参加していたということです。





これでよくも公平、公正を名乗れるなと呆れたほどです。


国連といいユネスコといい、何処かの国に肩入れすることは絶対あってはいけません。



公平公正を保てず肩入れするぐらいなら、中立が1番です。白黒つけさせるのであれば納得させることのできる証拠を見つけなければいけません。




最後に

日本は分担金の支払いを結局は払いましたが、それは日本の提言する公平な組織、透明性の向上をはかるためと言っていたので仕方ないです。



しかしユネスコに関しては、これだけ韓国や中国が幅を利かしている組織にいて何の利益があるのでしょうか。


国際組織を中国や韓国中心で回すぐらいなら、例え公平公正でなかったとしても、日本とアメリカによる新しい国際組織を作る方がいいと思います。



公平公正な組織などまず作れるはずはないのだから。

世界の常識が全てなのか

ーー死刑ーー


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000041-jij-int



国連総長のグデレス氏は会合で


「21世紀に居場所はない」


と、各国に死刑制度廃止を呼びかけました。



国連に加盟している193ヶ国の中170ヶ国がすでに死刑制度を廃止あるいは停止しています。


先進国の中で死刑制度があるのはアメリカと日本だけです。

EUは加盟条件に死刑制度廃止を掲げているようなのでありません。


https://woman.mynavi.jp/article/150117-161/view/2/




他にも中国やイラン、パキスタンなどにも死刑制度はあります。その中でもパキスタンでは神を冒涜した罪として死刑があります。



各国によって死刑の仕方は違います。



アメリカーー銃殺、薬物など

中国 ーー銃殺

シンガポールーー絞首刑

アフガニスタンー石打、斬首

インド ーー絞首刑

サウジアラビアー斬首

キューバーー銃殺

https://matome.naver.jp/m/odai/2138691028864609601?page=2



日本の死刑は絞首刑です。



http://ww5.tiki.ne.jp/~qyoshida/jikenbo/068shikeishikko.htm




主は死刑に反対したいところですが、賛成です。

おそらく、主の肉親や身内、友人が殺人によって殺された場合、犯人を殺してやりたいと思ってしまいます。



なぜなら、なぜ殺人犯が独房でぬくぬく生きていて、私の身内が死んでしまっているのか理不尽この上ないからです。

理不尽というより、感情論になってしまうと思います。



もちろん日本にも死刑反対と唱えている方はいらっしゃいます。


https://www.j-cast.com/2016/10/08280174.html?p=all


作家で僧侶の瀬戸内さんという方は、殺したがる馬鹿どもと戦ってなどとおっしゃっていました。




死刑制度反対の多い理由は、冤罪などであった場合取り返しのつかないからという意見が多いです。


冤罪はどんな事件であっても取り返しがつきません。冤罪とわかった後も社会復帰は難しいですし、冤罪とわかるまでに時間がかかってしまうケースが多いからです。



こればかりは警察や検察のしっかりした捜査をしてもらうことしか対処できません。





最後に

欧州やアメリカの価値観が全て正しいと思ってはいけません。国それぞれで価値観が違うのが当たり前なのであって、自分たちの価値観を押しつけるのは自己満足にすぎません。


誰だって本当は死刑制度などない方がいいと思っています。しかし、もしもそれが身近で起きた場合あなたは許すことができますか?


身内を殺した人間がぬくぬくと生きている状況をあなたは受け入れますか?


おそらく死刑が執行されたとしても到底許せないし、それで満足などできるわけはありませんが、多少は気が晴れる可能性があります。



目指すべき社会は、死刑判決を渡さなければいけないような凶悪な事件を未然にどれだけ防げるか、誰もがどんな理由であれ、殺人をする一歩手前で押し留められるかにかかっていると思います。