ほのぼの日常

気になった記事に自分の意見を押し付けるブログ

映画、ニュース、なんでもいい
自由気ままに更新

甲子園!!!!!

主はにわかファンであり野球のルールはさっぱりわからないがそれでも好きです。

甲子園の本選だけでなく予選を観ても涙無しでは観られないです。


今年の甲子園は記念大会という事で2つの高校が出てきたりとチャンスが増えた甲子園でした。


そしていよいよ明日決勝戦です。


大阪桐蔭高校🆚金足農業高校


どちらも頑張ってください!!



しかし、残念ながらこのブログは応援で終わりません。


ーー

今大会で投じた投球数は700球を超えた。秋田大会を含めると、おそらく1000球を超えているはずだ。たった1カ月余りでのこの投球数は限度を超えている。と同時に、登板間隔も試合を勝ちあがるたびに、短くなっている。17、8歳の高校生に課していいものではないだろう。



http://number.bunshun.jp/articles/-/831665?page=1

ーー


金足農業高校エース吉田君は何と予選からおそらく明日の決勝まで1人で投げ続けてます。


毎年こんな話が持ち上がってはうやむやになります。チーム事情で仕方ないとはいえ、やはり1人のピッチャーに任せ続けるというのは酷な話です。

将来性?プロに行きたいと考えた時、甲子園で肩や肘を酷使し続けて壊れてしまう可能性も否定できません。


彼らはプロではなく十代の高校生です。



さらに追い討ちをかけるのが日程です。

今日の試合で130球完投して明日も連続して投げるとか‥野球って大変だなってレベルを超えてます。


プロでも中継ぎやリリーフ?ならともかく連投はあまりしないのではないでしょうか。

まぁ日程に余裕を持つためには本選を7月後半くらいから始めなきゃ無理でしょうし、夏休みの間に終わらせる!!となると移動は不可能かもしれません。


それならせめて日中の試合(一番暑い時間)を無くし朝と夕方だけにするとか、高野連は金があるはずなので東京ドームみたいに甲子園を回収してあげるなど選手の負担を減らす方法があるはずです。


ーー

第100回全国高校野球選手権記念大会(朝日新聞社・日本高校野球連盟主催、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)第15日は20日、準決勝2試合が行われ、東北勢初の全国制覇を目指す金足農(秋田)と、史上初となる2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭(北大阪)が決勝に進んだ。この日の入場者数は5万1千人で今大会の総入場者数は97万人となり、過去最多だった第72回大会(1990年)の92万9千人を上回った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00000081-asahi-spo

ーー


逆に予想以上に勝ち進むとやはり大変そうです‥

特に金足農業さんは私立ではないようなのでお金を用意するのは難しいと思われます。こういった高校の補助をするのも高野連の仕事だとは思いますが、もしも頼んだら応援に来る生徒を減らせと言われそうです笑


ーー

 ひとたび甲子園に出ると、仮に1回戦で敗退したとしても、3000万~4000万円程度のカネが必要といわれ、その大半は寄付金で賄うのが通例となっている。


監督やベンチ入り選手の交通費、宿泊費は主催者が負担してくれますが、生徒や吹奏楽の応援団の費用は寄付金で賄わないといけない。たとえば初戦はバス13台で生徒、教員ら400人以上が、片道13時間をかけて応援に駆け付け、試合が終わるとそのまま日帰りで帰省した。その移動費だけで、1500万円程度必要でした。11年前は約700万円だったバス代がここ10年、貸し切りツアーバスの事故が多発して法例が改正され、料金が高騰したことが影響しています」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00000015-nkgendai-base

ーー


どのスポーツにも言える事ですが、怪我をおして出ることを美談にしてしまう報道もどうかと思います。


ーー

左手首の骨が折れている。テーピングを幾重にも巻き、さらにサポーターをつけてバットを握った。


https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.asahi.com/amp/articles/ASK892D0YK89PTQP00T.html%3Fusqp%3Dmq331AQGCAEoATgA

ーー




最後に



甲子園は毎年たくさんのドラマがあり、勝ち負けがありすごく盛り上がります。


しかし、彼らはプロではなくあくまで高校生なのです。


本選だけでなく予選もそうですが、毎年熱中症の話が出てきます。特に野球はラグビーやサッカーと違ってかなり長い時間試合を続けます。



彼らの健康状態にさらに気を使うのは当たり前ですが、特に投手の球数を制限してあげたり、エース1人に頼らないチーム作りを指導してあげるのも高野連の役割だと思います。


高野連が全て悪いとは言いませんが、甲子園のいい部分を見続けるのではなく、悪い部分を少しでもなくしてあげて欲しいですね。



明日は両校とも頑張ってください!!




追記


大阪桐蔭さんおめでとうございます㊗️

金足農業さんお疲れ様でした!!


ーー

秋田大会5試合で636球、甲子園6試合の投球数は881球。


合計 11試合 96回 1517球

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00305802-nksports-base

ーー


やはり金足農業の吉田投手は投げすぎな気がします。この短期間で投球1500球超えてるとか異常すぎると思う‥


ゆっくり休んでくださいとか言えませんね(T . T)

高校球児の皆さん、応援してた皆さんお疲れ様でした!!



ロシアと協力🇷🇺

ーー

日露両政府は、シベリア鉄道を利用した日露間の貨物輸送路の整備に本格的に乗り出す方針を固めた。航路と空路に続く「第3の物流ルート」を活性化させ、2国間の経済協力を進める考えだ。領土問題の解決に向けた信頼醸成につなげる狙いもある。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00050159-yom-pol

ーー


陸路で商品をヨーロッパへ!!みたいな感じでしょうか。

個人的にはロシアが好きですが、国家的にはあまり信用できないのが現状でしょうね。


北方領土開発で一泡吹かされたこともありますし‥


ただ、今後南シナ海が怪しくなってくるので輸送経路が多いに越したことはありません。


ーー

 露日両国政府がシベリア横断鉄道を利用した両国間の貨物輸送路の整備に乗り出すと読売新聞が報道した。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が8・15祝辞を通じて「東アジア鉄道共同体」を提案した中で、日本も大陸列車利用事業に関心を見せている。


現在、東京からモスクワに海上運送路を通じて貨物を送る場合、インド洋を経てスエズ運河を通り地中海を通過して西ヨーロッパを回らなければならない。この場合、時間が53~62日程度かかる。一方、日本からロシア極東地域の港町ウラジオストクに貨物を運んだ後、これをシベリア横断鉄道に載せる場合、所要時間が海上運送の半分以下の20~27日程度に短縮できる。日本の財務省によれば、昨年日本からロシアに輸出した品目のうち、44%が自動車、12%は自動車部品だった。反対にロシアが日本に輸出する品目は石油27%、液化天然ガス20%などだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00031396-hankyoreh-kr

ーー


韓国の記事ですが、確かにロシアとの経済協力の一環の1つだと主も思います。


北方領土返還、平和条約の布石にするつもりかもしれませんが、この程度で折れるとは思いません。

シベリア鉄道を延長して北海道までみたいな事も書かれてますが、韓日トンネルを作られるぐらいなら全然ロシアの方に賛成です。



ただ、あまりにもロシアにべったりしてエネルギー資源の大部分を頼り出したら黄色信号です。

もう1つ気をつける点は、日露を直接繋ぐパイプラインなら問題ありませんが、別の国にも供給となるとヨーロッパみたいになるので注意が必要です。




最後に



当たり前ですがロシアも油断ならない相手です。気付いた時には利益は全てロシアみたいな事にならないようにして欲しいものです。


それでも初めに言いましたが輸送経路が増えることはメリットも十分あります。



企業にとっても海路空路以外の選択肢も増えて、輸送費用も減るかもしれませんし、ロシアに進出できる可能性も出てきます。



メリットデメリット含めて、対等になれるのが一番です。


崩すもの、崩されるもの

ーー

中国の習近平国家主席の肖像画に突然、墨汁のようなものをかける若い女性。

習主席の独裁的な政治に反対する女性が、SNSに投稿したもの


中国では今、このように習主席への反発が起きているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180817-00398868-fnn-int

ーー


中国では小さい反発から、大きい反発まで様々起きてるという話です。

ただ、これで失脚なんて話は希望的観測に過ぎず、習氏が失脚するとしたら軍のクーデターか、暗殺による物理的排除でしか習氏失脚は起きないと考えます。



それに、経済的に疲弊していて反発がくすぶってる中国を誰が率いたいと思うのでしょうか。

周辺諸国をほぼ敵に回し、言うことを効かせられるのは経済の弱い国だったり、すでに大量の中国人を送り込み乗っ取りできた国だけです。


まぁ日本も沖縄を乗っ取られかけられてると思えば人の事を言える資格はありませんが、日本の身売りは今の所ありません。


ーー

ロイターに送付された声明で中国外務省は「スプラトリー(中国名・南沙)諸島は中国の領土であり、南シナ海の航行と上空通過の自由という全ての国が国際法下で有する権利を中国は尊重する」とした。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00000036-reut-cn

ーー


積極的に国際法を破壊してる中国に国際法下でみたいな事を言われたくありません。

南シナ海の人工島はすでに防衛体制を整えられており、アメリカの自由作戦があるとはいえ、ほぼ手中に納めたと言っても大方間違いではありません。


南シナ海を抑えられた時点で、日本のエネルギー航路を脅かされてるに間違いないのですが、これと言った強い対応ができないことに非常に危機感を覚えます。



これも全て9条教と何でもかんでも話し合いで解決できると本気で思ってしまう御花畑が以前にも増して増えてしまっているからです。


先日の終戦記念日のニュースで、戦争について数多く取り上げられていましたが、だいたいは戦争は悪。絶対ダメだと言う論調で締めくくられてました。


しかし、そんなことは誰でもわかってます。


むしろなぜ戦争に突き進んでしまったのか、負けてしまったのか、日本と世界の戦争によってその後、植民地支配を脱却した国々がどうやって自国を復活させたかなどの背景語りに力を入れるべきだったと私は感じます。



当時の世界情勢は、外交で解決できない延長線上に戦争がありました。今でもそうですが良くも悪くも核兵器によって大きな戦争は起きていません。


当時の欧米にとって、アジアや東南アジア、アフリカはただの資源国、植民地程度の認識でした。


その中でも日本は世界の植民地政策に追従する動きを見せ、清やロシアと戦争を繰り広げ、力を認められて発言権を得ました。



実際に太平洋戦争で欧州の支配から解放?占領した東南アジア地域は戦後、韓国を除いて自分たちの力で戦い独立を勝ち取りました。

アフリカでもエチオピアなどは日本を参考にしたと言われています。


当たり前のことですが、日本は東南アジア一帯を手中にしたことは事実であり、欧米と同じ事をしたのも事実です。

しかし、見方を変えれば日本はアジアで唯一欧米を追い越せと力をつけ、アメリカに負けるまでは植民地にされることなどありませんでした。これもまた事実なのです。




日本の歴史教育は近代史になればなるほど時間が足りなくなり、戦後の勉強はなかなかできません。主的には縄文時代や弥生時代も大切かもしれませんが、それ以上に近代史の勉強が大切だと思います。



話はそれましたが、中国の対外政策は自国の不満を逸らしたり、中華思想の果てです。主的にはアメリカに成り替わりたいのでは?とも感じます。




最後に


中国がアメリカの代わりができるかと聞かれたらまず無理です。根底の中華思想を捨てない限りアメリカの代わりにはなれません。


中国を内から破壊する、あるいは話し合いのできる中国になってもらうためにも、日本はできるだけ欧米と手を組みこれ以上の中国の膨張を防いで欲しいと切に願います。


そのためにも国内で中国に呼応するような勢力は何としても力を無くさせなければなりません。



日本も見方を変えれば、形の見えない戦争を続けてるのかもしれません。