ほのぼの日常

気になった記事に自分の意見を押し付けるブログ

映画、ニュース、なんでもいい
自由気ままに更新

相棒👬

こんばんはー

楽しみにしていた相棒の映画を観てきました( ̄^ ̄)ゞ



皆さんは相棒はご存じでしょうか???

夕方の再放送や水曜日の21:00からテレビ朝日さんの番組です。

内容は警視庁特命係の水谷豊さんが演じる杉下右京さんが、困難な事件を解決して真実を追求していくドラマとなっています。

現在はシーズン15で、かなり人気のあるドラマではと思います。




さて、前置きが長くなりました。

今回の映画のあらすじは、7年前に国に捨てられた少女が急に現れて、人質の状態から始まります。


主としては、相棒の映画はいろいろと深く考えさせられました。

相棒を観て思い出した事件は、世界を震撼させたISの台頭、日本人人質事件、バングラデシュのテロ、官僚の保身などなど勝手に感じました。

要するにテロですな。



日本は長きに渡る平和を現在まで享受してこれました。

これは一重に敗戦には至りましたが、日本のために命を投げ出して太平洋戦争を戦ってくれた方々、その後日本を復興、経済大国二位まで引き上げて富ませてくれた方々の力があったからこそ、今の日本があると思います。



テロとは主の中で、軍人ではない無垢の市民の命を亡き者にする外道な行為です。


たまに聞くのですが、日本の終戦末期に起こした外道な作戦の特攻とテロを同じだと言い張る輩がいますが、言語道断です。

相手は正規な軍人であり、無垢な市民ではないということです。美化するわけでは決してないですが、テロとだけは同じにして欲しくありません。


かつての戦争とは国家と国家の戦いであり、一方が降伏するまでのことを言います。

テロは国家が相手ではないために、終わりのない戦争です。


だいぶ話が逸れてしまいましたが、今回の映画はテロとの戦いも含まれてました。

1番印象に残ったセリフが、戦争には犠牲がつきもので、官僚を人に例えると頭脳であり、決して失ってはいけない。が、手足の怪我ぐらいならすぐ治る。

つまり、いくら一般市民が死のうと官僚が健在であれば国家としては問題ない的な感じです。



間違ってはいないですが、なんとも言えない気持ちになりました。ドラマだと言われればそこまで深く考える必要はないのですがね。



テロを起こさないように日頃から働いてる警察や公安、その関係者の皆さんには頭が下がる思いです。

と、相棒の映画を観て感じた今日この頃です( ̄^ ̄)ゞ



内容にはあまり触れませんでしたが、個人個人考えさせられるような映画となってます。

決して失望させるような内容ではないので、是非とも映画館まで足を運んで観てほしいです。

バレンタインデーキッス(^-^)

今年もバレンタインデーをいかがお過ごしでしょうか( ; ; )

相変わらずマネージャーがみんなに配る義理チョコしかもらえず悲しんでる主です



そもそもバレンタインデーとはなんなのか。

ウァレンティヌスという方が由来だとか。世界的に2/14は愛の誓いの日だそうです。




個人的にはバレンタインデーとはチョコがよく売れるゼと言う日だと思う。

手作りが主流なのかな?と思うが、最近のお店で売ってるチョコもなかなか美味しいのであります( ̄^ ̄)ゞ


お店側のバレンタインデー商法に乗せられてる感もあるが、特に嫌いな日でないですね〜

むしろホワイトデーのお返しが大変( ; ; )



日本っていいな〜笑

政府の隠蔽???Σ(・□・;)

皆さんは南スーダンという国をご存知だろうか??

さらに日本の優秀な自衛隊の皆さんが活動してることをご存知だろうか???


一言で言えば南スーダンは民族対立で内戦状態の国だ。



http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/sp/100/255935.html

こちらの時事公論さんの記事に南スーダンの現在に至るまでの状況が書いてあります

気になった方は是非読んでください



自衛隊には


PKO参加5原則というものがある。




以下外務省HP一部抜粋


国際平和協力法に基づき国連平和維持活動に参加する際の基本方針


➀紛争当事者の間で停戦合意が成立している

➁国連平和維持隊が活動する地域の属する国及び紛争当事者が我が国の参加に同意している

➂国連平和維持隊が中立的立場を厳守すること。

④上記の原則のいずれかが満たされない状況の場合、我が国の参加した部隊は撤収することができる

⑤武器の使用は、生命等の防護のための必要最小限のものを基本。駆け付け警護の実施で、自己保存型及び武器等防護を超える武器使用が可能。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/pko/q_a.html#05



そして、前々から言われていた問題として➀の部分がダメになっているのではという指摘があった。

要は戦闘行為が起きてるのだから南スーダンから撤退した方がいいのでは??という意見だ。



結論から言うと私も撤退した方がいいと思う。


なぜなら、自衛隊には足かせが多すぎてまともな戦闘行為はできない。もし万が一、戦闘で人を殺した時、軍事法廷などあるわけではないので、罪に問われる可能性がある。


もちろん国際協力の名の下で自衛隊が出動しているために、簡単に撤退できないのは理解できる。

が、だとしてもあまりにも自衛隊の皆さんが不憫すぎるとなぜ気付かないのか。



日本政府が対応するとしたら

戦闘行為を認めて撤退を決断するか、あるいは自衛隊の増強、武器使用の拡大を認めて防衛能力の向上の2つに1つしかない。


しかし、どちらも採用できそうもないために、南スーダンでは自衛隊が関わった戦闘行為はないとこれまで報告されてきた。


そして今回の騒動となる

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170209-00000056-nnn-pol



派遣を続けるなら自衛隊を軍隊と認めて、GDP5%とかいう枠を外して軍拡し、撃たれてからしか撃てない状況を見直して欲しい。


事件は会議室で起きてるのではない。現場で起きてるんだ。と言う名台詞を教えてあげたい。