ほのぼの日常

気になった記事に自分の意見を押し付けるブログ

映画、ニュース、なんでもいい
自由気ままに更新

運送業界の悲鳴( ; ; )

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00000093-asahi-bus_all


私たち消費者にとっては送料無料、即日配達などはものすごく助かります。

もちろん私も使っていますが、運搬業者の方々にとってこのサービスは悪夢じゃないかと疑問を持ってました。




普通に考えた時、運送業界にとって、特にドライバーにとってはかなりの負担です。


時間帯によって配達物が集中される可能性や、時間指定されたから指定時刻に運搬物を運んだにもかかわらず、受取人不在の時などはたまったものではないでしょう。


サービスはとても大切だとは思いますが、行き過ぎたサービスというのは果たしていいものなのでしょうか。



送料無料は残してもらったとしても、近くのコンビニから受け取ってもらうぐらいは協力してあげてもいいと思います。

送料無料を残す理由は急にお金を取ると、利用する消費者が減ったする可能性が出てきます。また、すべての運搬業者が一斉に送料有料にしないと、こちらの業者は無料、あちらは有料といった格差が出てきてしまい業界が混乱し、今より物流会社が減るかもしれません。



もしも、運搬業者をこれ以上減ってしまった場合、日本の物流の流れがおかしくなって、新たな火種を生んでしまう可能性が出てきます。



主が他にもこのサービスが無料なのはおかしいと思うのは、救急車です。

もちろん、本当に救急な状態の方が救急車を利用するのはいいのです。しかし、症状が軽い人、呼んだにも関わらず救急車が必要なかったような人達からはお金を取ってもいいのではないでしょうか???


他にも、救急ヘリ、生活保護、外人に対する医療費、パチンコの三店方式がなぜ違法ではないのかなど、世の中にはおかしな点はたくさんあります。



行き過ぎたサービスというのは、便利と同時に歪みも生まれます。

こういったことを管理するような法律またはルールをぜひ作ってあげて欲しいです。

子供達に運動の素晴らしさを📣📣📣

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00010006-chibatopi-l12


国際武道大学の授業の一環で、カンボジアの子供達に運動会を行なってるそうです。

https://sports-project-cambodia2014.jimdo.com/



競技は綱引きや障害物競走など、誰でも参加でき、裸足の子供もできる運動です。

ちなみにカンボジアは内戦の影響で教育基盤が崩壊し再建の最中です。




運動会の思い出がある方はたくさんいるのではないでしょうか??

徒競走、玉入れ、ムカデリレー、クラス対抗リレー、各学年の踊り?、組体操、大玉送りなどなど地域によって種類も変わるでしょうがだいたいこういった内容を全学年で一日丸ごと使う行事ですよね。


運動会の特徴としては、紅組、白組に分かれて応援歌を歌ったり、紅組と白組の応援団が交互にゲキを飛ばし合う的なこともするはずです。


地域によっては2色ではなく3.4色あるとか。

青とか黄色??があるようで主はビックリです‼️

主は千人を超える大規模校だった上に、2色しかなかったので、今思えば迫力があった気がします笑



さて、運動会の起源はイギリスらしいのですが、実際に私たちが体感したような運動会を行なってるのは日本だけみたいです。


一般的に海外には運動会が無いようですねΣ(・□・;)

私たちにとって当たり前と思うものは案外世界でみると当たり前じゃ無いようです。




日本で運動会を行い始めたのは明治時代。

この時代のキーワードは何と言っても


「 富国強兵 」


ですね。

運動会の目的は子供の発育を促すのと、団結力、団体力を高めるのが目的だったようです。

つまり、統率力のある軍隊を作るにはもってこいですな笑




確かに運動会は団体行動が多く、団体競技なんかはクラスによって熱の入り方が違かったです。

特に大縄はなぜか得点が高く、運動が苦手な子達も一生懸命練習してましたし、みんなで記録更新するとすごく嬉しかった思い出があります。



ただ、日本の運動会も最近は問題?が多くなってきたようです。特に理解できないのは順位を無くすことです。

ビリの子はかわいそうだ、運動の苦手な子供はかわいそうだ的な理由が多く、主的には信じ難いです。


言いたいことはわかるんですが、それはあまりにも過保護なのではないでしょうか?


競争意識というのはどうしても今後の人生には大切になります。

恥をかいた、失敗した、ミスをした、当たり前のような経験をしないで育った子供達がいるとします。そんな子供達が果たして将来社会に出た時に、競争社会でやってくことはできるのでしょうか???

たくさんの失敗から学んで次は成功しようとする意識がとても大切なのではと主は感じてます。


他にも親のマナーが悪い、他人に対する配慮が足りないなどの問題もあるようです。

今の先生達は本当に大変です( ; ; )


しかし、教育は大切ですので、どうか頑張ってもらいたい。子供達が可愛いというのはわかりますが、他の人には迷惑をかけないという当たり前のことを当たり前にできる親が増えることを願ってます。



まぁ別の問題の組体操が危ないという意見には主も賛成です。

あれは正直一番下の子供が大変ですし、上の子が落ちるのも危ないですしと危険が大きすぎます。

ピラミッドをやるとしても三段くらいまでにして欲しいですね。五段とか危険すぎて見てられません( ; ; )





話は脱線しましたが、こういった日本独特の行事を海外の方に知ってもらったり体感してもらうことは、素晴らしいことでもあります。

特に運動会は子供にとって思い出になると思いますし、一体感や達成感も得られる素晴らしい行事です。


子供の時はどんな体験も糧となります。

世界の子供が等しく素晴らしい体験がたくさんできるような世界になれるといいなーと主は思います。

保育園に落ちた〜( ; ; )

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170224-00000067-nnn-soci


主は結婚もしてないし、子供もいないので母親の真の心境を理解するのは難しい。



ここ数年で保育園落ちた。死ね。みたいなことがブログで発信され国会でも取り上げられるほど話題に上がりました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00010015-abema-soci


民進党議員のガソリーヌこと山尾氏も批判してますが、主的には全部秘書のせいにして未だ国会議員として仕事してるのはどうかと思います笑

蓮舫氏といい、山尾氏といいつらの皮が厚いなと言うイメージを残念ながら持っております。


とりあえず、批判するだけの野党などいらないのです。

まぁ民進党の批判はその辺にしまっておきます(°▽°)



話は戻りますが、そもそもなぜ幼稚園に落ちてしまうのでしょうか。



まず、幼稚園と保育園の違いです。


幼稚園は3歳から小学校上がるまでの子供を預けられます。

時間は9時から14時くらいまでです。

幼稚園は文部科学相に所属。


保育園の場合は0-1歳から小学校までの子供が対象です。

時間は7:30から17-18時くらいまでです。

保育園は厚生労働相に所属。


大きく違うのはやはり預けられる対象年齢と時間ですかね。

所属機関が違うのは有名です。



そして、保育園にも2つ種類があります。

認可保育園とそうでない保育園です。大きな違いとしては認可保育園はいわゆる公立で運営費などは国や自治体からでてます。

そのため、費用が認可外保育所に比べ、認可保育園の方が安いという点です。



そもそも定員を超える子供が集まった場合どのように落ちる、落ちないが決まるのでしょうか?

落ちる原因の元はキャパオーバーですが、落ちる要因となるのは点数です。


基準は各自治体ごとに違うと思います。

基準の例としては父母共にどのぐらいの日数、時間を働いてるのか、正規か非正規かなど細くポイントがあり、ポイントの高い人から優先に入園できるそうです。



都内の場合は点数うんぬんよりも、子供の数に対して圧倒的に保育園、幼稚園共に不足してるのが原因です。そのせいで都内だけでも待機児童は2万5千人以上いると言われてます。


幼稚園の増設が進まない理由としては、都内の地価が高い、幼児達の声が騒音に聞こえるなど周囲の理解問題もあります。



果たしてどうやって解決すればいいのでしょうか。


主の策としては子供のことを本当に考えるのであれば地方に移住するか、ベビーシッターさんを雇うか、小学校並みの大規模な幼稚園を作る施設の大型化ぐらいしか思いつきませんでした。



地方に移るのが一番確実です。幼稚園落ちた問題は都内だからこそ起きるのです。


地方で幼稚園に落ちた話はあまり大きくなってないだけの可能性もありますが、幼稚園に落ちたという話は聞きません。

あくまで理想論ですが、企業が積極的に地方に移動してもらえればそこで働いてるお母さんがたはストレスなく幼稚園に預けられるのではないでしょうか。


このような子供の育てやすい環境を整備していけば、必ず経済が活性化します。

なぜなら、子供を育てるのに一番金がかかるからです。



子供達は日本の将来を担う大切な至宝であり、ご両親の大切な至宝であります。

幼稚園に落ちたなどの不幸な話が少しでも減るように、保育士の増員など今以上に政府には努力して欲しいです。