ほのぼの日常

映画、ニュース、なんでもいい
自由気ままに更新

自由の限界🚨🚨🚨

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-39060750-bbc-int


トランプ大統領の元でアメリカは不法移民対策を強化し始めました。


オバマさんの時とどう変わったのか。

オバマ政権時

➀重犯罪者の強制送還。

➁入国14日以内で国境から160キロ以内であれば強制送還可能。


トランプ政権時

➀犯罪はもちろんのこと、身元虚偽、公共の安全を脅かす者、公的福祉の悪用者とみなした者達を強制送還できる。

➁米国のどこにいても入国から2年以上経ってることを証明できなければ強制送還できる。

➂国境警備局、移民税関捜査局が独自の判断で強制送還できるようになる。



オバマさんの時は一部の不法移民でしたが、トランプさんは全ての不法移民に対象を広げたのが大きな違いです。

いくら自由の国と謳っていても、限度があるということを訴えてるのではないかと感じます。


あくまで、不法移民に対する制度であり、移民認定された人は対象にならないのではと思いますが、移民認定が難しくなるのは想像に難くないですね。


メキシコやアメリカのいくつかの州は反対しているようですが、私はトランプさんの判断は正しいです。

不法移民の方々はどうしても国家の負担を大きくします。例えば、労働力の搾取や犯罪の増加です。



労働力の搾取の件は、不法移民ですからどうしても足元を見られやすく、安い労働力として働かされます。そして不法移民の人たちが仕事をすることによって、本来であれば働けるはずだった人たちが働けなくなります。


また、どうしても国に馴染めず、働く場所がなければ犯罪をしてしまう人も出てきます。そうなると、治安の悪化は避けられないです。

あとは、文化の違い、言葉の壁などが大きいと思いますね。



ちなみに不法移民と難民は違います。


難民とは

「人種、宗教、国籍もしくは特定の社会的集団の構成員であることまたは政治的意見を理由に迫害を受けるおそれがあるという十分に理由のある恐怖を有するた めに、国籍国の外にいる者であって、その国籍国の保護を受けられない者またはそのような恐怖を有するためにその国籍国の保護を受けることを望まない者」

1951年難民の地位に対する条約より


つまり、戦争、紛争や迫害によって自国脱出を選択せざるを得ない状況に陥った人々です。


残念ながら移民には定義がないようです。

定義されるとしたら

通常の居住地以外の国に移動し、少なくとも12ヶ月間当該国に居住する人のこと(長期の移民)」


上記を定義と考えると、半年以上留学している人や、住んでる人も移民扱いですかね。


とにかく、両者には大きく違いがあることをわかってもらえたら嬉しいです。



以前日本でも、タイから来た不法滞在の女性が子供を産み、その子供が高校生になってから母親が強制送還されて、子供も強制送還されるかどうかの裁判がありました。

http://www.sankei.com/smp/affairs/news/161206/afr1612060025-s1.html


この裁判の結果強制送還は妥当という判決が出てます。人権や支援団体の方々は反対しているようですが、産んだもの勝ちにしてしまうとかなりの多くの不法滞在者を増やしてしまいますから当然の結果です。



このように不法移民も不当滞在者はどこにいったとしても歓迎されないのです。

歓迎されたとしても、安い労働力として搾取され本人たちのためにもなりません。


自由にもある程度制限をかけなければいけないのは仕方がない時代が来てるのではないでしょうか?