ほのぼの日常

映画、ニュース、なんでもいい
自由気ままに更新

今も昔も

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-35097516-cnn-int


スウェーデン🇸🇪が徴兵制を再開するようです。

とは言っても、廃止したのは2010年と最近のようでしたし、ロシアの脅威があるためにあまり自国民から抵抗はないでしょう。



どんな国が現在も徴兵制度を使ってるのでしょうか?

ベトナム🇻🇳

北朝鮮🇰🇵

韓国🇰🇷

タイ🇹🇭

マレーシア🇲🇾

シンガポール🇸🇬


イスラエル🇮🇱

フィンランド🇫🇮

デンマーク🇩🇰

ノルウェー🇳🇴

スイス🇨🇭


トルコ🇹🇷

イラン🇮🇷

エジプト🇪🇬


ブラジル🇧🇷

パラグアイ🇵🇾

エクアドル🇪🇨

メキシコ🇲🇽


他にもたくさんあります。

中国やアメリカで徴兵制度がないのは、徴兵しなくても募集だけで兵士の数が足りるようです。



日本も明治時代の時は徴兵制を敷いていました。期間は明治6年から昭和20年までです。

日本の場合は20以上の男子は義務だったようですね。



最近、安保法の関係で徴兵制が復活するのでは?というデマが流れたことを覚えてらっしゃるでしょうか。

もしも、日本にが徴兵制を行うとしたら既に戦時中である場合だと思います。


主にとって徴兵制のメリットは安定した数の兵士の確保ぐらいしか思いつきませんでした。


デメリットとしては徴兵の期間が過ぎてしまうと大体の人が軍を辞めてしまうので、その分育てた期間の教育費や宿舎費、給料など主にお金関係で損をします。



2つ目としては、徴兵制で集めた兵士はどうしても士気が低くなってしまいます。徴兵制は強制なので軍隊がイヤな人にとっては苦痛でしかないでしょう。



あとは、労働力の空白化ではないでしょうか?

大切な働き盛りの頃に軍隊招集されてしまうので、どうしても社会復帰が遅くなります。そのため消費や生産性が減り、経済に悪影響を与えるのではと考えます。




このような理由から、現在の日本に徴兵制度の復活はないのではと考えます。


徴兵制度を採用して入る国々には、それぞれ事情があります。

例えば、韓国は北朝鮮と戦争中で陸続きなためどうしても陸軍が主戦力となります。そのために兵士の確保は必要です。


中東は民族紛争、宗教戦争、テロ組織など治安が不安定なため兵力は必要なのでしょう。

欧州はロシアの侵略を想定しているはずです。ソ連時代に侵略されたからと言うのが一番の理由だと思います。


徴兵制度を採用するにはそれなりに切羽詰まった理由があるのです。



軍隊というのは国家の暴力装置です。


外交で行き詰まれば最後は戦争しかないというのが昔の考え方でありました。

今は昔よりはるかに国同士が経済で結びついてるため、おいそれと戦争は起こすことができません。


が、もしも万が一、戦争が起きた場合に真っ先に戦わなければならないのは自衛隊です。

交戦規定もしっかり定まってないような軍隊では無駄に死傷者が出て被害が大きくなってしまいます。

政治家の方々には、もっと自衛隊のことを考えてあげて欲しいです。




話は逸れましたが、徴兵制度についてよく考えれば、どんな人でも徴兵制度のメリット、デメリットが思いつくはずです。

思いつかなくても、これだけの情報社会ですからいくらでも調べられます。噂や憶測に流されるのではなく、一人一人自分自身で調べたりして考えて欲しいですね。