ほのぼの日常

映画、ニュース、なんでもいい
自由気ままに更新

バルス(^^)

ーー行き着く先は‥ーー



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-00000012-tys-l35


2年3ヶ月ぶりに衆議院が解散しました。

投票は来月の22です。



さて、今回の解散はどういった狙いがあるのでしょうか。

大義なき解散、大義なき解散、加計隠し解散などと騒がれていますが、加計問題は別に後からでもいくらでも追求できるからいいとしても大義なき解散かどうかは怪しいです。



正直、大義ある解散とはどんな時だったのでしょうか。そもそも大義のある解散とはなんなのでしょうか。





北朝鮮問題で揺れる中の選挙など国政の空白化になって無責任だと言いますが、おそらくこれ以上ひどい状態になってからの選挙では遅いと判断したからこそ今やるのではないでしょうか。


安保法案や憲法改正など反発されることは多く、事実マスコミや市民団体?と思われる方々からの民意を組め組めと言う抗議が多いのは皆さんもご存知なはずです。




そういった全ての問題を含めて、この先も自民が日本を背負っていいのかを国民に問う選挙だと主は感じています。




それに、野党は政権交代をずっっっと叫んでいたし、事あるごとに政権を担える力があるとおっしゃっていました。まさに今、その力が本当にあると言うのであれば、力をやっと発揮する時が来て非常に嬉しいはずです。





しかし、現実では民進党がほぼ壊滅しました。


それも希望の党と言う小池氏率いる党に吸収される形でです。



https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170928-00000069-ann-pol


政権交代のために名を捨てて実を取ったと、民進党代表の前原氏は言っています。



現在民進党議員の方々は、民進党の名前では当選できない確率が高いため、今力があると言われている小池氏を頼って、自身の保身を考えたのではと邪推してしまいます。




そうでなければ誰が民進党に投票すると言うのでしょうか。

おそらく、希望の党とやらの候補になれば、希望の党から出馬できるため民進党の名を使う必要がなくなります。



多くの方がわざわざ経歴など調べるとは思わないので、元民進党ということがわからず投票してしまう可能性が高いです。



さて、そんな希望の党ですが民進党の思惑と違い全員を受け入れるつもりはないようです。


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170929-00000017-ann-pol


安保と、憲法改正の踏み絵を踏ませるようです。


正直あまり意味があるとは思えませんが、ダブルスタンダードな方を見つけられるはずです。






そんな希望の党を皆さんは期待していますか????

主は正直全く期待していません。



というより、主は小池氏にまだ期待できないです。

国政にはさすがに出ないとは思いますが、都知事となって果たして何か結果を残したでしょうか。


築地問題は結局、豊洲も築地も活かすという不可解な判断をしただけですし、東京オリンピックについてはほとんど何も変わってないです。



都知事として、何か結果を残してから国政に携わった方が説得力もありますし、皆さん納得できるはずです。

つまり時期尚早と言うことです。




希望の党が目指す政治はこのような感じです。


1 我が国を含め世界で深刻化する社会の分断を包摂する、寛容な改革保守政党を目指す。


 2 国民の知る権利を守るため情報公開を徹底し、国政の奥深いところにはびこる「しがらみ政治」から脱却する。


 3 国民の生命・自由・財産を守り抜き、国民が希望と活力を持って暮らせる生活基盤を築き上げることを基本責務とする。


 4 平和主義のもと、現実的な外交・安全保障政策を展開する。


 5 税金の有効活用(ワイズ・スペンディング)の徹底、民間のイノベーションの最大活用を図り、持続可能な社会基盤の構築を目指す。


 6 国民が多様な人生を送ることのできる社会を実現する。若者が希望を持ち、高齢者の健康長寿を促進し、女性も男性も活躍できる社会づくりに注力する。



一言で言えば具体性がないです。


しがらみのない政治、日本をリセットするなどのスローガンがありますが、しがらみのありまくりな民進党議員を組み入れたりやっていることが無茶苦茶です。

都政をリセットしても、リセットしたままだからたちが悪いのです。



一年生議員を大量に擁立し、経験のある議員の多くは民進議員などにでもなったらどこに信用できる要素があるのでしょうか。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-00010010-houdouk-pol



リセット、改革、ファーストなど聞こえのいい言葉をたくさん並べていて、彼らならやってくれる、任せてもいいみたいな風潮を作っています。



しかし、私たち有権者は決してイメージに流されてはいけません。

1人1人自分の意思を持って投票しましょう。


私たちの一票が、私たちの明日、未来の日本を作るのだから。