ほのぼの日常

気になった記事に自分の意見を押し付けるブログ

映画、ニュース、なんでもいい
自由気ままに更新

団体さんイラッシャーイ

https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20170501-00017545-kana-l14


厚木基地で基地解放イベント 日米親善春祭りが開催された。


ここで問題にされたのがヘリコプターに搭載されている銃器を子供含めて誰でも自由に触れることができる状態だったのが問題だそうだ。


そして、問題を提起したのは日本の市民団体さんだ。



日本の市民団体さんは以前丁寧にも、裁判所に提訴したらしい。もちろん敗訴というか相手にされなかったとは思うが。




実際に似たような問題が2013年の横須賀基地でも起きた。


http://www.kanaloco.jp/sp/article/61864




んー

正直何が問題なのだろうかと疑問に思う。


子供の教育的に問題らしい。



主的には実際にその銃器を撃つことができたりしたら、日本での体験は問題では?撃ちたいならアメリカに行ってこいと思うが、ここに展示されていた銃器は玉も装填されてなく触ったり座席に座ることができた程度らしい。



これがダメならもはやサバゲーも戦争系ゲーム、何らかの武器や兵器を扱うアプリや本、モデルガンやら水鉄砲、割り箸鉄砲など、とりあえず戦闘をイメージしてしまうものは全てダメになってしまう。



あまりにも極端な考えではないだろうか。



こう行った市民団体さん達はそもそも基地とか自衛隊とか戦争関係は全てアレルギーなんだと思う。


おそらく9条及び日本国憲法があればどこの国からも攻撃されない、戦争など起きない優しい世界なんだと信じているのかもしれない。



いつも不思議に思うのだが、なぜ市民団体さんや平和団体さんと名乗る方々は、自衛隊米軍がダメでデモやら提訴やらするのに、中国や韓国、北朝鮮、ロシアの軍事行動には行動を起こさないのだろう。

相手の大使館前でそのような行動は犯罪だからもちろんして欲しくはないが、別に違う場所で行動を起こしてもいいじゃないか。



原発だって日本のは全て停止、無くせみたいなことを言ってるのなら、なぜ中国や韓国にある原発停止を叫ばないのだろう。

中国は距離的にもしかしたら問題ないかもしれないが、韓国の原発は必ず影響を受ける。


主だってできることなら原発とか危険なエネルギーを扱って欲しくない。自然エネルギーやらなんなやらで済むのであればそうしてほしい。




だが、現実はどうだろうか。


原子力が減った分火力発電を過剰に使わなければならない状況に陥り、むしろ自然破壊している。

太陽光や風力発電を推進している割には、実際のところ不安定供給すぎて怪しい。太陽光パネルだって消耗品だ。生きている間に2、3回は壊れたり変えたりする必要が出てくる。


電気がない生活にあなたは耐えることができますか?


おそらく主を含めてほとんどの人が耐えられないと思う。

人間一度手にした便利なものや快適なものはそう簡単に手放すことができない。




話が逸れたので戻るが、本当に教育上よろしくないのだろうか。

むしろ、銃器の重みや戦闘機、戦車、戦闘訓練、映像、負傷者の写真などを見ることで、御花畑思考にはならず現実の戦争を捉えられるはずだ。


今回のはただのイベントなのでそこまで求める必要はないが。



主の眼は曇っているようなので、は市民団体さんや平和団体団体さんが怪しくて仕方ない。



もう一度本当にダメなのかどうか一呼吸おいて、冷静に考えてほしい。

ディーフェンス、ディーフェンス

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-00095484-okinawat-oki



沖縄の基地を引き取ろうと声をあげてる人たちがいるようだが、それはほとんど意味をなさないです。



まず、なぜ沖縄に基地が集中しているのでしょうか。



日本敗戦後米軍統治下に置かれ、当時朝鮮半島に米軍拠点はありませんでした。


もしも沖縄戦後も日本が敗北を受け入れず本土にて継戦の意思ありと米軍が判断した場合、継戦能力の維持や本土急襲の時間を短縮ために、日本本土に近い沖縄に基地がたくさん作られたのではないかと考えます。




沖縄の基地は、朝鮮戦争の後方基地、補給基地の役割がありました。

また、ソ連崩壊後には中国が台頭してきて、共産圏に睨みを利かせるべく未だに基地を維持しているのだと思います。



そもそも、米軍は自国を守る時に利があるから日本に基地を点在させているのです。


なぜならミサイルを撃とうが、海軍をアメリカに派遣しようとするとどうしても太平洋を突破しなくてはならず、日本各地にある米軍基地のレーダーに引っかかり、米本土で防衛体制を整える時間を作ることができます。


ハワイやグアムに基地があるのも、本土防衛の時間稼ぎと情報を得るためでしょう。


現代の戦争は情報戦です。

秘密裏に米を攻撃したくても、その行動が筒抜けになってしまうのです。



決して日本を守るためだけに米軍基地が各地にあるわけではありません。





主がもしも中国の立場で日本を攻め落とすとしたら、やはり沖縄から落とします。


ミサイルの飽和攻撃をすれば日本など瞬殺できるような気もしますが、日本占領を考える上では直接統治しなければなりません。

そのためには陸上戦力が必要です。各地の都市を占領するには未だ歩兵の力が必要です。



東京を直接落とすのが最善ですが、かなり難しいです。




直接と言うことは沖縄を避けて攻撃しなければいけません。ちょうど沖縄や九州は太平洋に出る時に壁の役割をしています。これを避けるとなるとフィリピンと台湾の間を抜ける必要が出てきます。


これはかなりの遠回りにもなりますし、奇襲は時間をかけず、相手にバレずに懐を攻撃するから奇襲が成立するのです。





壁の役割をしている九州と沖縄、どちらを攻めるかと言われたらやはり沖縄です。


九州を落とすにしろ何にしろ、後方に敵基地があるとかなりのプレッシャーです。

後方の憂いを無くすためにも下から上に攻めていくのです。



上から下でもいいのですが、北海道から攻めると米本土から一番に到達できる日本の位置が北海道です。だいたい1から2ヶ月ほどで到着できるためかなり手早く落とす必要があります。


また、持久戦になった場合、北海道の寒さや東北の寒さにやられます。

これはヨーロッパの軍がソ連を攻めた時に負けるパターンと一緒です。暑さはどうにかなりますが、寒さというのは機械を故障させる原因になったり、返り討ちになる可能性が非常に高いです。





こういった理由から主は沖縄から攻め落します。

まぁ素人の考えなのでいくらでもツッコミができるとは思いますからそこは勘弁してください。




そのため、本土に沖縄の基地を移動しても意味があまりないのです。むしろ沖縄が蹂躙されます。

主的には沖縄を要塞化させ、攻撃させられないほど武力があれば攻められることはありません。


まぁそうなった場合台湾みたいに独立するとか言い出して面倒な事案になることはありますが。






まとめると、沖縄の負担を減らすには、沖縄より南の位置に中国のように人工基地を作るか、中国の属国になるかの二つに一つですかね。

Lost money 💰

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-00010000-houdouk-kr



売春婦像の次は強制徴用工像ですか‥


よくもまぁ色々なネタを思いつくものです。



しかも終戦の日、つまり日本が敗北した8/15に日本大使館前の売春婦像の隣に設置しようとる心意気が気に食わない。





今韓国は選挙中であり、どの候補も 屈辱的にも10億払った日韓合意を反故し、再交渉すると息巻いている。


あの合意を文章化しなかったのは日本側の失敗であると思うが、あれ以降に日本大使館前の売春婦像撤去や、これ以上蒸し返さないと約束しておきながらこのザマである。



もしも、合意を反故するというのであれば、韓国の信用はただでさえないのにさらに地に落ちる。

なぜなら、政府と政府の合意や条約を守ることもできず、さらには政権が変わっただけで条約を反故にしてしまうような国と誰が条約を結びたいと思うのだろうか。


そういったことがわからないのかが不思議で仕方ない。日本に対して盲目になってしまうのは相変わらずのようだ。





さて、売春婦像のことはその辺に置いといて、これから問題になるであろう 徴用工像 やらの話をしよう。


実際に朝鮮人を徴用したかと言われると、徴用したのは事実だ。



1938国家総動員法、39に国民徴用令が日本本土で発布されている。その後太平洋戦争激化のため、労働力が不足し朝鮮半島の人たちにも対象が広がった。

その年は1944年の9月であり、終戦の1945年8月までのおよそ一年間である。



待遇は良かったかと言われると、賃金も払われていて日本人と大差なかったようだ。

高給な仕事もあった。鉱山の仕事とかは高給なりに危険だったのではと推測されている。



そして、ここが肝心なのだが1965年の日韓基本条約によって賠償や補填は達成された。両政府はこの合意以降に戦時中や併合時の何かしらの問題を蒸し返すことはしないと明記している。

もしも問題が起きれば、アメリカを挟んで話し合いもう一度日韓基本条約を思い出そうみたいなことを書いてある。



参考にどれくらいの補填及び賠償をしたのか


無償で3億

有償で2億

民間借款で3億ドルで合計8億ドル


今の時代で換算すると1兆8百億ドルであり当時の韓国国家予算の2.3倍らしい。


さらに、朝鮮半島にあった日本の工業地帯や設備なども全て渡している。



その後には韓国通貨危機7億やスワップで5億など他にも莫大なお金を渡している。



さて、韓国政府は補填及び賠償の八億ドルを自国民に分け与えたか。


実は分け与えていない。



なぜなら、当時の朴正煕政権は韓国内のインフラ整備及び軍備に金を回したからだ。



その下地もあり、韓国の高度経済成長の 漢江の奇跡 と呼ばれる韓国経済立て直しがおきた。これも日本の設備無償譲渡や、技術協力及び供与を惜しまなかった日本の愚かさが生み出した結果だ。





ということは、徴用工問題を提訴するのは日本政府にではなく韓国政府に起こすのが正しいのだ。

なぜなら、補填や賠償するためのお金を国民ではなく国に使った韓国政府が悪いからだ。





では、このような事情があるにも関わらずなぜ徴用工像を建てようとするのか。



理由は 日本が戦犯国家だから だそうだ。



いやいやあなたたち韓国も日本と共にアメリカやロシア、オーストラリアやイギリス、東南アジア諸国や中国などの世界と戦って負けた敗戦国家ではないか。


日本が戦犯国家なら韓国も戦犯国家になるのだが、なぜわからないのだろう。


勘違いしないで欲しいのは君たちは戦勝国ではないということだ。




売春婦像でかなり儲けられたから、味をしめて次は徴用工とやらで日本から金を奪い取る魂胆が腹立たしい。


日本は韓国のATMではない。