ほのぼの日常

気になった記事に自分の意見を押し付けるブログ

映画、ニュース、なんでもいい
自由気ままに更新

使うか使わないかは自分次第٩( 'ω' )و

ーー

カナダで17日、嗜好(しこう)用としての大麻が解禁された。嗜好用大麻の全国レベルでの解禁は世界で南米ウルグアイに続き2カ国目となった


新法では、生産や販売の担い手を行政の認可を受けた業者に限定することで、未成年者の利用を抑止し、犯罪組織の資金源となる闇市場での取引を減らす狙いがある。一方、実際の運用は13の州・準州ごとに規制が異なるため、国民の混乱を招く恐れも指摘されている。

https://www.jiji.com/sp/article?k=2018101700886&g=int

ーー

ーー

嗜好(しこう)用大麻が先週解禁されたばかりのカナダを訪問しているオランダのマルク・ルッテ(Mark Rutte)首相は25日、地元の高校生たちに「今日購入できる大麻はずっと強烈だ」「特に若者には健康に良くない」と語り、麻薬全般について「絶対に手を出すな」と忠告した。

オランダでは1976年以降、いわゆる「コーヒーショップ」での大麻の販売と使用、5グラム未満の大麻の販売が認められています。


さらにルッテ氏は「ドラッグに関する最善の策は一切使用しないこと。古くさく聞こえるかもしれないが、あえて言わせてもらおう。絶対に手を出すな」と述べ、「もしやるのであれば、ここから先の麻薬には移ってはならないと心得ておきなさい」とくぎを刺した

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00000035-jij_afp-int

ーー


先日カナダでは嗜好用大麻が解禁されました。

最近では、嗜好用としてのドラッグを認める国が徐々に増えてるようです。


アメリカも州によっては認められてますし、オランダやウルグアイもOKです。

もしかしたら、メキシコも許可をするかもしれません。


ーー

メキシコのマルセロ・エブラルド(Marcelo Ebrard)次期外相は23日、メキシコが、「成果の出ていない」麻薬撲滅戦争により発生している暴力行為を抑える方法として、大麻を合法化したカナダに続く可能性が「大いに」あるとの考えを示した。

メキシコには「大麻の所有あるいは生産を禁止する法律があるにもかかわらず、9000人が収監され国内に暴力がはびこっているというのは理にかなっていない」と説明した


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181024-00000004-jij_afp-int

ーー



ただメキシコの場合は、元から麻薬組織との戦争が続いていて、合法化することによって商品価値を落とし、組織の資金源に打撃を与える為と思えばまだ納得はできそうです。


手に入らない為に価値が高く、資金源になるのですから、市場に供給して手に入れやすくし、値崩れができれば打撃はあると思います。

ただ、果たしてそう上手くいくのかわかりません。何故なら嗜好用とは言え大麻です。ある程度使えばより強力な大麻を求める人も少なからず出てきてしまいます。


そういった人達が出てきたらどう対応するのか是非知りたいものです。




さて、世界的に大麻解禁が潮流なのでは?という記事を見かけました。

日本でも大麻解禁を望む声はあるようです。


ーー


先進10カ国(G10)の中で、サティベックスの販売(輸入)が許可されていないのは日本だけ。その他の9カ国は、2005~2013年の間に、次々と販売認可されている。つまり、G10の中で医療大麻が認可されていないのは日本だけなのだ。


 先進国が次々と認める医療大麻は、痛みや痙攣、炎症を抑える効果が強く、240種類もの疾患に効果があるといわれている。広く知られているのは、がん性疼痛、糖尿病、うつ病、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、自己免疫疾患、アルツハイマー、心臓疾患、腎臓疾患などだ。


 カンナビノイドの研究を目的とした日本臨床カンナビノイド学会の新垣実理事長(新垣形成外科病院理事長)は、「日本にはカンナビノイドが有効な患者がたくさんいます。患者には救われる権利があり、法律がその権利を妨げることはできません」と語る

http://healthpress.jp/i/2017/01/post-2796_entry.html

ーー


俗に言う医療用大麻です。

主も医療用であれば認めていいのかなと思っています。ただ、使うのであれば医師がしっかり管理し、病院外では絶対に使えないようにできればの話です。



気になるのは日本人が海外に出かけて大麻を使った後、日本に帰ってきた後にまた大麻を求めてしまうようなことが起きないか不安です。

日本では大麻の所持も販売も禁止されていて、非常に重い罪になります。と言うことは、合法的には手に入れることができないのです。


非合法に手に入る大麻は、嗜好用などではない為強力です。そのまま、麻薬中毒になってしまう危険性も十分考えられます。



嗜好用とは言えども大麻は大麻です。解禁される国が増えるに従って日本人が大麻に触れる機会が多くなります。

日本政府は何らかの対策や呼びかけを行う必要があります。





最後に


オランダの首相が言うようにドラックに関する最善の策は一切使わないことです。


今や世界はネットで繋がっている為に、どんな人でも大麻を手に入れられてしまう環境は整っています。


もしも万が一、日本で嗜好用大麻が解禁されたとしても、使うか使わないのかを決めるのは自分です。

人に流されるのではなく、自分の意思で大麻に向き合ってほしいと思います。



できることなら、嗜好用であっても日本では解禁されないでほしいです。


Hero or stupid

ーー

内戦下のシリアに2015年に入国した後に行方不明になり、過激派組織の拘束から解放されたとみられるフリージャーナリストの安田純平さん(44)について、日本政府は24日、安田さん本人と確認したと発表した。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181024-00000069-asahi-int

ーー


まずは助かって良かったですね。トルコ、カタール、日本政府などの努力のおかげです。


助かった安田さんですが、自己責任論と、英雄?擁護論と世間は別れてるようです。


残念ながら主は自己責任論派です。



ーー

国際テロ情勢に詳しい公共政策調査会の板橋功・研究センター長は「政府には邦人保護の義務があり、拘束されれば必ず救出に向けて動く」と指摘した上で、「取材者は紛争地入りを『自己責任』だと考えていても、拘束されれば政府が対応することになる。紛争地取材の重要性は否定しないが、信頼できる現地コーディネーターの選定やセキュリティー、誘拐保険などの安全対策をきちんと取るのが取材者の最低限の責任だろう」と話した。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181025-00000079-mai-soci

ーー


安田さん自身も助けて欲しいとは思ってなかったようですが、日本国民が拉致に合えば助けに行くのは当たり前であり、日本政府の義務です。(それができてないのが北朝鮮拉致被害者)


さて、自己責任論が浮上してる理由は大きく分けて2つあります。

1つ目は捕まりすぎです。


ーー

1回目:2003年イラク軍に拘束される

2回目:2003年イラク警察に拘束される

3回目:2004年バクダットで武装勢力に拘束される

4回目:2009年MYUに拘束される

5回目:2015年ヌスラ戦線に拘束される 

ーー


確かに多いですが、個人的にはよく殺されずに帰って来た強運の持ち主だなと感じます。


2つ目の理由は

当時、日本政府から渡航禁止が発令されてました。しかし、安田さんは日本政府をチキン国家とツイッターに書き込み、見事に拉致されてしまいました。



もしも当時、日本政府が渡航禁止やその地域は危険だと呼びかけてなければ、政府を批判できます。しかし、しっかり対策や警告を行なっているのです。

だからこそ、自業自得だと言われてしまっています。




ただ、主にとっては戦場ジャーナリストは非常に貴重な存在です。もちろん、海外メディアがネットで記事を公開したりしてるので調べたりすることはできますが、それでも同じ日本人による日本語による記事の方が現地がよくわかるからです。

そんな危険な地域に命がけで取材して現場を伝えてくれる戦場ジャーナリストはすごい存在だと思います。



しかし、それを差し引いたとしても安田さんを擁護することは難しいです。


恣意的に切り取ったので全文を読んでもらった方がいいと思います。

ーー

ー解放された瞬間というのはどんな?


荷物をすべて奪われたので、そのことがとにかく頭にきている。3年、40か月全く仕事も何もできなかったうえに、すべての資産であるカメラであったり仕事のための道具それまで奪われたというか、そこまでするかという。解放の瞬間はまずそれですね。


その時の気持ちとしてはどうでしたか。ほっとしたとか?


いや、とにかく荷物がないことに腹が立って、ということと、トルコ政府側に引き渡されるとすぐに日本大使館に引き渡されると。そうなると、あたかも日本政府が何か動いて解放されたかのように思う人がおそらくいるんじゃないかと。それだけは避けたかったので、ああいう形の解放のされ方というのは望まない解放のされ方だったということがありまして。


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181025/k10011684821000.html

ーー


荷物を奪われて頭にきてる?望まない解放のされかた?日本政府の働きかけがあったかような印象を避けたい?


安田さんは何を言ってるのでしょうか。


そもそも解放されたのに、お礼?感謝の気持ちを持たず、不満を言うとはどんな神経してやがるのでしょうか。

主はこの記事を読んだ時に、自業自得派になってしまいました。



おそらく、このやり取りは報道されないと思います。



ーー

「他の囚人(監禁被害者)が、釈放された後に『あそこにニュースで出ている人質の日本人がいる』と言われたら、私の監禁場所が世間にばれて(犯行グループが)攻撃されるかもしれない」と説明。そのため、「『韓国人だと言え』と言われた」といい、従ったという。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181025-00000049-asahi-soci

ーー


まぁ無理やり言わされたのなら仕方ないと思いますが、日本語をあれだけ達者に喋ると、その時点で日本人と暴露してるようなものです。


主的には、日本政府は絶対に助けないから、在日韓国人のフリをして韓国政府に助けてもらおうとしたのかと思ってました。



ーー

国連の専門家パネルが2014年に作成した報告書によると、過激派組織「イスラム国」(IS)が人々を拉致して得る身代金は推定で年3500万~4500万ドル(約39億~51億円)に及ぶ。国連安全保障理事会は14年1月、身代金が新たなテロを起こす資金源になりかねないなどの理由から、支払いに応じないよう各国政府に求める決議を全会一致で採択した。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00000006-asahi-soci

ーー


罰則規定はありませんが、基本的にテロリストに身代金を払うのはダメです。

しかし、身代金を払うケースは多々あるようです。その為に身代金ビジネスが終わることがありません。


人命重視の世界ですから、こればかりは批判できません。それでも主としてはあまり身代金を払って欲しくないですね。

身代金を払えば、テロリスト達に豊富な資金を渡すことになり、味をしめたテロリストがまた拉致誘拐を起こします。


または、その金で更なる泥沼化になり、多くの人が死にます。

それほど多額の身代金には力があるのです。




最後に


安田さんが助かったことは非常に幸運なケースです。実際に後藤さんは残念ながら殺されてしまいました。


安田さんがもしも、今後も戦場ジャーナリストとして活動するのであれば、次は拉致されないことを願います。



そして、多額の身代金を払ってくれたカタールや(日本政府がカタールに身代金を渡した可能性も否定できない)日本人を助けることに協力してくれたトルコには感謝したいです。


ありがとうございました!!


そして、これを機に北朝鮮拉致被害者をどうにか助けて欲しいです。




渡ってくる人達ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

ーー

中米ホンジュラスなどから米国に向けてグアテマラを北上していた約3千人の移民の集団が18日、メキシコとの国境近くの町テクンウマンに到着した。一部は国境の川の浅瀬からメキシコ側に渡ったという。対応を迫られているメキシコ政府は同日、国連に支援を要請する考えを明らかにした。

メキシコ政府は、パスポートとビザなど入国のための書類を持つか、難民申請をする場合以外は強制送還するとしており、国境に警官隊を配備して警戒を強めている。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000589-san-s_ame

ーー

ーー

トランプ米大統領は16日、中米ホンジュラスの大規模集団が米国への移民を目指し北上しているとして、ツイッターを通じ「食い止めて帰国させなければ、ホンジュラスに資金や援助を渡さない」と警告した

グアテマラ警察は16日、「グアテマラの移民関連法規に抵触した」という理由で、集団の代表らを拘束した。また、ホンジュラス政府は声明で、集団に加わらないよう国民に呼び掛けた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000005-jij-n_ame

ーー


メキシコからの移民だけだと思っていましたがその先から、そのその先からアメリカに移民の人達が来ます。




米国の経済力が強いのと、中南米の治安や経済が悪いことが、移民の人達が米国を目指す理由でしょう。

でも、個人的には治安の悪さの方が移民する大きな理由な気がします。



中南米の治安の悪さはよく知られてます。

ギャングが未だに力を持っていて、政府とやりあってるくらいですから、日本人の我々には想像がつきません。

ただ、アメリカも素晴らしく治安がいいとは言い切れないのが残念です。


治安の悪さをギャングがいるからと一言で片付けてもいいのですが、銃社会というのも治安を悪化させる要因の1つだと思います。

あの世界一最強の軍隊や経済力を持つアメリカでさえ銃社会に手を焼いてるのですから、中南米では手に負えないのでしょうね。




ーー

ホンジュラスやグアテマラは米国内のヒスパニック系不法移民の主な出身国である一方、政府は米国から多額の支援を受けている。


現地報道や支援団体によると、移住を目指す人々はホンジュラス北西部のサンペドロスーラを出発。この街は世界有数の治安の悪さで知られる。100人ほどで始まったが、2千人にふくれあがった。メンバーらは「仕事がなく、治安の悪さから逃れるためだ」と主張している。支援団体は、人道的配慮が必要だとし逮捕や国境封鎖をしないよう求めている。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000023-asahi-int

ーー


どうも米国からインフラや経済投資を昔から受け続けてるようです。

日本の外務省HPで確認したのですが、日本も技術供与や経済投資もしています。


中南米の輸出品はバナナやコーヒー豆のようですが、クーデターによる政情不安や台風などによる被害を大きく受ける地域のです。


100人ほどの人が2,000人になるほどですから、よほど仕事がないのかもしれません。

別の記事にありましたが、追い返されないように更に他のキャラバンと合流し、数で国境を突破するという発言をしてたのが残念です。


日本の周りが海のために、こういった問題が起きないだけで、もしも万が一海を渡って来るような人達が来たらどう対応しなければいけないのか真剣に話し合う必要があります。


ーー

中米ホンジュラスの移民らが、エルサルバドルとの国境を流れるゴアスコラン(Goascoran)川を渡り、同国へ不法に入国している。グアテマラから米国を目指す数千人の移民の集団、通称「キャラバン(旅の一団)」へ合流するためだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00010002-afpbbnewsv-int

ーー


ただ、1つ救いなのは文化は違うかもしれませんが、ホンジュラスの言語はスペイン語なのでアメリカでも通じることがまだ救いです。


ーー

中米ホンジュラスやグアテマラなどから米国への移住を目指す数千人の集団が北上を続けている問題で、トランプ大統領は18日、メキシコ政府が移動を阻止しない場合、米軍を展開し南部国境を閉鎖する考えを示した。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000001-reut-s_ame

ーー


既に米国はメキシコからの移民の対策に壁を作ろうとしてますが、今回のホンジュラスの件で更に壁を進める大義ができてしまいました。


そして、メキシコもメキシコで米国に入らなかった移民がメキシコに留まることを認められるわけがないので、メキシコも必死になるでしょう。


米国が中南米の支援をやめれば、おそらくですが更に経済状況が悪くなり治安が悪くなるという悪循環に陥ると思います。

そうならない為にも、なんとか穏便な解決策を見つけて欲しいです。




最後に


移民、難民を際限なく受け入れ続けることはまずできません。あのドイツでさえお手上げ状態に陥りかけてます。


どちらの人達も命がけで他国に渡ってます。自国を捨てるというのは、わたしには想像できませんが苦しい決断に間違いありません。


不安定な状況を打開する為にも中国のような経済植民地のような支援ではなく、手厚く自力でやっていけるような支援をしてあげるべきです。そうすれば、今後中南米や中東と日本の繋がりが強くなります。


どの国も他国の支援を受けずに豊かになることを願うばかりです。