ほのぼの日常

気になった記事に自分の意見を押し付けるブログ

映画、ニュース、なんでもいい
自由気ままに更新

兵器の革新

ーー

 軍需産業のなかでも、防衛システムの開発と製造に関する請負業者であるロッキード・マーティン社は、戦闘機に配備可能なレーザーを設計するため2360万ドルの資金援助を受ける契約をしました。


レーザーポッド(レーザー発射砲)はもはや空想の産物などではなく、実際に飛んでくる対空ミサイルを破壊することができる対空防衛システムなのです。ミサイルの発明以来、空対空そして地対空ミサイルは戦場で最大の勢力がありました。高速なものを迎撃することはとても困難なことで、パイロットは時間をほとんどかけずに飛行を開始し、フレア(赤外線誘導ミサイル)やチャフ(レーダー妨害ミサイル)などの受動的防御策を実施していました。オートメーション(自動化)と光速で対空物をターゲットとするこの能力は、航空ミサイルに対する積極的な防衛を実現することでしょう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180727-00010008-esquire-life

ーー



流石世界の覇者の米国だなぁと思わせる記事です。

レーザーと言えばSFの世界の代名詞でしたが、今や手の届くところにあると思うと複雑な気持ちです。



レーザーが主流になると電力などのエネルギーに頼るため、弾薬という概念が無くなります。

さらに一発あたりの費用が安くなるため効率のいい武器です。


しかし、レーザーは雨や霧などで威力が弱まったりと問題はあるようですが、雲の上ならばそういった問題は無くなる気がするのでピッタリです。


レーザー防衛が成功すればミサイルなどの実体のある兵器からの攻撃はまず通じません。

現在のミサイルをミサイルで破壊できたとしても、破片は降り注ぎます。しかし、それさえも焼き切れるのです。

日本の沿岸沿いに配備できればこれ以上素晴らしい防衛兵器は無いと思います。



1つ難点があるとしたら、どこまでの高さまで射程があるかです。



他にも米国は無人兵器にも力を入れています。


ーー

米海軍がすすめる「MQ-25プログラム」では、空母からの離発着(カタパルト発艦とアレスティング・ワイヤーによる着艦)が可能な無人給油機の開発を求めています。


この給油機の要求性能は、「空母から半径500海里の範囲まで進出し、1万4000ポンドの燃料を他の機体に空中給油できる」というもの。このような給油機により、「F/A-18E/F スーパーホーネット」、「F-35C ジョイントストライクファイター」などの艦載戦闘機の作戦範囲は、大幅に拡大できる可能性が高まるのです。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180726-00010009-esquire-life

ーー


給油機でさえ無人兵器なのですから、今後の戦争の形が無人兵器が主力になるのは目に見えています。



さて、残念ながら武器兵器の開発に勤しんでるのは米国だけではありません。




まずはロシア


ーー


プーチンが開発を明らかにした複数の兵器で、原子力推進式で核搭載可能な兵器や、アメリカを含む世界各国の最先端のミサイル防衛システムをかいくぐる能力があるレーザーシステムなどもある。


RS-28について、射程距離は事実上無制限で、北極上空経由でも南極経由でも飛ばせると述べた。

また、ロシア国防省は無人の超大型原子力推進核魚雷「ポセイドン」のテストを明らかにした。ポセイドンは核魚雷を搭載可能で、ホワイトハウスが発表した報告書では「世界を破滅させる兵器」とされている。


固定式のレーザー攻撃システム「ペレスベート」の動画も公開された。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180723-00010009-newsweek-int

ーー



国力が落ちた、中国より劣ってるみたいな話も出ていましたがなんだかんだロシアです。

通常兵器だけではなく核兵器までしっかりと手をつけてるところがオソロシアと言われるだけあります。

こんなのが北方領土を奪ってるのですから、なかなか手を出せないのは、諦めてはいけませんが仕方ないことです。




お次は中国。


ーー

中国海軍は偵察、機雷敷設、待ち伏せ、自爆攻撃などさまざまな作戦を人間の操作なく自ら遂行できる無人AI潜水艦を中国共産党創立100周年の2021年までに開発する計画だ。無人潜水艦は偵察、機雷敷設、待ち伏せなどの作戦を遂行するほか、敵軍の攻撃を誘導するおとりにも使用できる。また人命の被害がないため、状況によっては空母や巡洋艦への自爆攻撃も可能だ。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00000001-cnippou-kr

ーー


人工知能搭載の無人兵器とは‥

中国の恐ろしいところは軍備に貪欲なところです。そして1つ試作品ができれば量産体制までできてしまうところです。


これに無人兵器が加わると人員の損耗がないため自爆兵器にまでなってしまうところです。


どんな兵器でさえ、近場からのそれなりの爆発に耐えることはまず無理でしょう。無人兵器な上に潜水艦なのですから、船や空母、果ては同じ潜水艦も沈没させることができます。



特攻機と言うのはかなり有能な兵器ということが皮肉にも日本が示してしまいました。

それは時代が変わってもおそらく変わらないことです。



EUも合同で戦闘機を作ったり、インドも空母を取り入れたり、オーストラリアは潜水艦を買ったりと、結局世界は軍縮軍縮と言いながら軍備拡大をしてるのが実情です。




最後に


日本はレーダー1つ配備するだけでもかなりの時間と手間がかかります。

極め付けは軍事力を持たない、交戦権を否定する害悪がある上に、そういった話をタブー化する象徴があります。


確かに軍事費と言うのはかなりの金食い虫です。その上戦争が太平洋戦争いこうない為、必要性さえないのでは?と御花畑様が出てきてる始末。


しかし、現実を見れば竹島を制圧され、北方領土も制圧され、尖閣諸島や沖縄、対馬を内からも外からも狙われてる始末です。


戦争は起きなくても紛争や小競り合いは起きます。そして真っ先に戦うのは現場にいる海保や自衛隊なのです。犠牲が出てから軍備や法律を整備しても遅いことは誰にもわかるはずです。



そんな戦闘による殉職者が出る前に真面目に考えて欲しいと思います。


写真はイメージです

お疲れ様でした!

とうとうワールドカップが終了しました。

まずはフランス優勝おめでとうございます㊗️そして、クロアチア準優勝おめでとうございます㊗️


サッカーはにわかなので総評とかは全くできませんが、シュートは撃つ事に意味があるなと思いました。


ーー

ロシアで開催されたサッカー・ワールドカップ(W杯)の15日決勝でフランス代表が20年ぶりとなる大会制覇を成し遂げたことを受け、フランス各地では数百万の人々が街中に出て勝利を祝った。ただ、一部のサポーターが暴徒化し店舗を破壊するなどしたほか、交通事故による死者も出た。


今回のフランス代表23人のうち、アフリカ系の祖先を持つ選手は15人。高い得点能力を持つアントワーヌ・グリーズマン選手は「これが、我々の愛するフランスだ。先祖は異なるが、全員が団結している」と語る。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-35122566-cnn-int

ーー


嬉しい気持ちや幸せな気持ちは十分にわかりますが、ちょっと暴れすぎです。

ただこれはフランスに限らず、日本がもしも優勝したらこんな感じになる気がします。


ーー

1970年代に黒人選手のトレゾールの代表入りで議論が巻き起こった。当時の代表は白人選手のみ。黒人選手の選出に国民から反対運動が起こった。初優勝した98年もアルジェリア系だったジダンらに対し、極右政党から「外国人が多すぎる」と非難が出るなど根深い問題だった。


両親がアフリカ出身のマチュイディは「チームの多様性こそが、美しいフランスのイメージ」とまで言い切った。フランスメディアでは「苦難を耐え抜いた感動を国民が分かち合っている」と報道。1度目の優勝とは違った喜びが含まれている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00270662-nksports-socc

ーー


確かに観ていてフランスの黒人選手すげーなという印象を持ちました。

調べてないので知りませんが、観た感じクロアチアのレギュラー選手は皆、クロアチアをルーツにしているように見えたので、余計にフランスにはたくさんのルーツを持つ人がいるのだなと感じます。


フランスは皆さんもご存知の通り他民族国家です。


主も含めて大多数の人が、自国のために一生懸命プレーして貢献してるのだから気にしないはずです。

それでも、もしも選手全員が別のルーツを持っていて自国出身の選手だった時には確実に批判が出てきます。これはどこの国にもおそらく言えるとこで、やはり民族主義というのは捨てられないものです。



さて、そんな感動や面白さをくれたワールドカップでしたが、最後の最後にやらかしてくれました。


ーー

サッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)決勝の最中にロシアのパンクバンド「プッシー・ライオット(Pussy Riot)」の男女4人がピッチに乱入した事件で、ロシアの裁判所は16日、4人に15日間の禁錮刑を言い渡した。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000012-jij_afp-socc

ーー


反プーチン派の行動で政治的主張をしてるのでさらにたちが悪いです。


テロと同じでかなりの効果があったとは思いますが、侵入した際はちょうどクロアチアがいい感じにカウンターをできてたので、水を差された感が非常に強く、もしもあのまま続けていたらまた違った結果も見えたかもしれません。



ーー

機械判定”には、もともと根強い反対論があった。UEFA(欧州サッカー連盟)会長当時のミシェル・プラティニは、明確に反対の姿勢をとっていたものだ。プラティニが反対していた理由は「サッカーは人が行うもの」であり「トッププロから草サッカーまで同じであるべき」だった。判定に厳密性を求めるより、第三者に審判を頼んでいるのだから、たとえミスジャッジがあってもそれは受け入れるべきものという伝統的な考え方である。


https://www.football-zone.net/archives/120084

ーー


大きな舞台で初めての機械判定を皆さんはどう感じましたか?


個人的には何故もっと早く導入しなかったのかなと感じていました。

ラグビーでさえ機械判定が助けてくれる部分も多いのに、サッカーに機械判定が必要じゃない理由がわかりませんでした。


特にサッカーはシュミレーションとかいう判定もあるそうなので余計必要では?と思います。本当がどうか知りませんが、うまい転び方を習うとか習わないとかも聞いたことがあります。



まぁそれでも、一時中断される事によって試合が止まったり、サッカーはミス判定も含めてサッカーだという意見もあるそうなので今後も続けられるかはわかりません。



最後に


いい意味でも悪い意味でも注目された日本ですが、いつの日か優勝できるようなチームになってほしいと思うのと同時に、両チームがフェアに戦えるように休みの期間を同じにしたりと、もう少しルールを改定する必要があります。



四年後も頑張ってください!!



軍拡競争

ーー

防衛省海上幕僚監部は10日、弾道ミサイル迎撃能力を備える建造中のイージス艦(8200トン)の命名・進水式が、30日に横浜市のジャパンマリンユナイテッド横浜事業所(磯子工場)で行われると発表した。

 新造艦は日米両国が共同開発中の新型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の発射能力を備えることになる。来年には別の新規イージス艦も進水する予定で将来、弾道ミサイル対処能力のある海自イージス艦は8隻態勢となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00000093-jij-soci

ーー


日本の艦艇数は50隻の軽空母4隻で、潜水艦17隻だった気がします。それに掃海艇などの色々合わせて100隻ですから、やはり海軍国だなと感じます。


今後も潜水艦の刷新や護衛艦数を増やしていくとなると120くらいを目指してるのかもしれません。

ただ個人的には、人員が足りてるのか不安です。ちなみに護衛艦も空母も三隻運用が基本だそうです。


縦に長く、海に囲まれた日本を100隻程度で守るのは有事の際の消耗も考えたら難しいです。



今と昔じゃ船の性能が違うので直接的な比較にはなりませんが、日本の太平洋戦争開始時の艦艇数は約230隻です。

現在の2倍の上に、空母を20隻近く運用していたのですから当時の日本海軍は凄いです。




2013年の記事なので古いです。


ーー

中国海軍の保有する艦艇数は1088隻。アメリカ海軍(1075隻)を抜いて世界第1位となっている。 航空戦力はどうか。中国空海軍の作戦機は2074機で、アメリカの3497機に次いで第2位。

https://www.news-postseven.com/archives/20130315_175827.html?PAGE=1#container

ーー


艦艇数だけで考えたら日本は中国の10分の1です。

さらに言えば中国は空母まで建造し、期間は浅いとはいえ運用しています。


そして空母を取り巻く艦隊まで整備してるのですから海軍への力の入れようがわかります。


ーー

中国メディアは3日、2隻の新型ミサイル駆逐艦「055型」が遼寧省大連の造船所で同時に進水したと報じた。055型は中国軍が編成を目指す空母打撃群の防御を担うため、急ピッチで建造が進められている。


https://www.jiji.com/sp/article?k=2018070300832&g=int

ーー


残念ながら中国は今になって突然脅威になったわけではありません。


海軍大国を目指すと宣言してからコツコツと力を溜めて今に至ります。

ところが日本は特有の軍事アレルギーとも思われる拒否反応と、中韓に媚びる勢力、米軍に任せきりの体質もあり、厳しい運営を現在も続けています。



ーー

防衛省によるイージス・アショア配備を巡って、阿武町の花田町長は「候補地選定の見直しを防衛省に求める」と話しました。

候補地周辺の住民からは、きょう(5日)も配備撤回を求める要望が寄せられました。攻撃の対象となることを心配しています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00010002-yabv-l35

ーー

ーー

 辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議は7日、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で「ジュゴン・サンゴを守れ!  土砂投入を許さない!  辺野古新基地建設断念を求める県民集会」を開いた。主催者発表で約2千人以上が参加。土砂投入で希少なサンゴ類やジュゴンなどが生息する海草藻場を破壊させない―などの集会アピールを採択した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00280008-okinawat-oki

ーー


上と下の記事では意味合いが違いますが、基地があるから狙われるという反対意見が多いそうです。

基地があるから狙われる‥では基地がないから狙われないという理論は正しいのでしょうか。


個人的にはこの理論?は成立しないと考えます。

なぜなら、基地があろうがなかろうが攻撃側にとってその場所に軍事的意味があれば占領するからです。


そしてそういった脅威から守るために、何らかの軍事施設を建てるのは当然であり、それを怠るのは国防を真面目に考えてない証拠です。



レーダーの話なんてその場所に建てるから意味があるのにとも思ってしまいます。



確かに主はその土地の当事者ではないので、お前に私たちの気持ちがわかるかと言われると、言葉を返すことはできません。しかし、それでも今何が脅威で何のためにここに置くのかを考えた時に、反対する理由があるのかなと思ってしまいました。




最後に


日本が防衛費を上げない、無くす方法は、韓国みたいに中国に降るしかありません。


しかし、同盟国を米国にしていて、欧州などと足並みを揃える以上、中国とは対立の道しかありえません。

もしも中国に降ったとして、日本を今の日本として扱ってくれるとは思いません。行き着く先はさらなる監視社会と、ウイグルのような同化浄化政策です。


外交や話し合いで解決しろというお花畑がたくさんいますが、こういった譲れない部分で話し合いのテーブルに着かせる為には、確固とした軍事力がなければ相手はテーブルにすらついてくれません。


それが昔から続く戦争や外交の歴史であり今も通ずることは少し考えればわかります。


ただ、日本には中国やアメリカのペースで軍拡競争をしてしまうと破綻します。そうならない為にも広く中国の脅威を世界に広め各国の協力を得る必要があります。仲間をどんどん増やさなければなりません。



目を背けるのは簡単ですが、今日本に何が必要で何がいらないのか、一人一人が少しでも考えていく必要があると思います。