ほのぼの日常

気になった記事に自分の意見を押し付けるブログ

映画、ニュース、なんでもいい
自由気ままに更新

増長するChinese

ーー

フィリピンのヘルモヘネス・エスペロン大統領顧問(安全保障担当)は、フィリピンは外交努力による緊張緩和を常に目指すたが、フィリピン軍が挑発や攻撃を受ける事態になれば戦争も辞さない、と発言した。「ドゥテルテ大統領は先日、(中国が)自国の軍隊を攻撃すればそれがレッドライン(越えてはならない一線)になるだろう、と言った」、とエスペロンが5月30日に記者団に語った。ロイター通信が伝えた。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180531-00010004-newsweek-int

ーー


ーー


カエタノ外相は28日に外務省で行われた国旗掲揚式典で、南シナ海の軍事拠点化を進める中国に対してフィリピンは温厚な政策を取っているとする見方に反論。「(中国政府には)レッドライン(越えてはならない一線)があり、我々にもレッドラインがある。それは大統領も明言している。もし南シナ海のフィリピン海西部で天然資源を採掘する者があれば、大統領は戦争を始めるだろう」と語った。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-35119985-cnn-int

ーー



フィリピンのドゥテルテ大統領は、ここ数日で中国に対する強い声明文を発表してるようですが、これは強い大統領という印象づけのための国内向けに対するプロパガンダかなと思います。


主的には、時すでに遅しです。


中国は南シナ海のスプラトリー諸島で、既に人工島を7つも建設し、レーダー基地、航空基地の建設も完了し防衛体制は整っています。さらに爆撃機の離着陸訓練までしてるのですから侵攻準備も整いつつあります。


極めつけは


ーー

少なくとも艦艇40隻と遼寧を囲む潜水艦を映し出していると思われる


https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/03/40-17.php

ーー


大規模な艦隊で軍事演習や航海訓練をしています。


日本もフィリピンのことをあまり強く非難はできませんが、今回の声明は二つ目の人工島を作る前くらいに発信するべきでした。


フィリピン単体ではもちろん敵いませんが、アメリカもフィリピンに軍事基地を構えているので多少の抑止力にはなるはずです。



ややこしいのは、中国が南シナ海に出てくる以前から既に、南シナ海は資源や国境を巡って周囲の国が争っていたことです。それを中国が力づくで黙らさせたと言うのが現状です。


現時点で中国がフィリピン軍に直接危害を加えるとは思いませんが、資源採掘は十分にありえます。

今後の情勢には注意が必要なのと、連携を少しでも強めたりしなければなりません。




さて、近いようで遠い南シナ海の出来事は日本には無関係だと思う方々もいらっしゃいますが、残念ながら関係あります。

と言うより、日本だけでなく南シナ海を通るルートを持つ国には等しく問題になります。


特に日本は南シナ海のルートで資源やエネルギー、商品を運ぶことが多いので、中国に南シナ海を抑えられたら数ヶ月でエネルギー不足や何らかの障害にあたります。

国会では贅沢ができなくなる程度だみたいなバカな発言をしてらした議員いたそうですがまずありえません。


現状は中国と言えども、海域の閉鎖や荷物の通行料をせしめるといったことはしてません。しかし、数年後数十年後の月日が経ち、中国海軍が米海軍を上回れば、そういったことが起きることも考えられます。

そんなことはありえないと私も思いたいですが、このままの状況が続けば米軍と同等、規模が上回ることも考えられます。さらに残念なことに、彼らは国際法など気にも留めませんし、何より自分たちが法だと思ってる節もあります。


そうしていつの日か中国に生命線を握られ、頭が上がらなくなり、どうしようもなくなる日が来ます。

そうならないためにも、世界が協力して何かしら強い圧力や行動を起こす必要性があります。


1番いいのは人工島の破壊ですがまず無理なので、世界各国で連携し中国軍の実力の公開や、資産の差し押さえとかが現実的です。




最後に


中国がここまで増長してしまったのは、オバマ政権の融和政策のツケだと言われていますが、私はそうは思いません。

中国はどんな国であろうが大統領であろうが、気にせずやりたいことをやります。弱い中国だと軍部のクーデターや内戦が起こる恐れがあるからです。


日本の軍事予算がGRPの1%を超えたり、少しでも増額すると騒いだり、最近ではミサイル基地を作ろうとすると、それは最低限の防衛力を超えると非難したりと、主から言わせたら現実が見えていません。


予算の半分近くが人件費で、残りは維持費や消耗されたものを補充する費用がかさばり、研究や兵器の導入にほとんど手をつけられていません。

このままでは、本当に米軍抜きではどうにもならない国家になってしまいます。


確かに軍事予算は増やさない方がいいし、平和を目指すのであれば減らしていくのが理想です。ただ、それはあくまで理想なだけであって現実は違います。それを受け止めて欲しいです。


攻撃用空母は持たないとか言葉遊びをするのではなく、もっと現実的になって真剣に国土防衛、国の防衛について考えるべきです。



見た目は子供、頭脳は大人、その名も‥

いつも政治や軍事ととっつきにくいものばかりなので、今回は息抜きに


ーー


28日に発表された26、27日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、青山剛昌さんの人気マンガが原作の「名探偵コナン」の劇場版アニメ22作目「名探偵コナン ゼロの執行人」(立川譲監督)が7週連続で首位を獲得した。土日2日間で約13万人を動員し、興行収入は約1億8000万円を記録。累計では、動員が580万人、興行収入が75億円を突破している。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00000020-mantan-ent

ーー


アニメや漫画をみたことがなくても誰もが知ってる名探偵コナンは、嬉しいことに昔と変わらず今も人気です。


主も小さい頃はよくテレビでみてましたし、漫画も90巻近く読みました笑


日本の三大アニメは?と聞かれたら


一位 ポケモン

二位 ドラえもん

三位 名探偵コナン


だと主は思ってます。

最近はゲゲゲやキャプテン翼がリメイクされて放送されてます。戦隊モノやウルトラマン、仮面ライダーといった特撮シリーズも現在も続いています。


日本は漫画やアニメは馬鹿にできない産業だで進化しました。それを支えてる方々には今後も素晴らしい作品を作り続けて欲しいと応援しています。



さて、そんな名探偵コナンのあらすじを覚えていますでしょうか??


〜あらすじ〜

高校生探偵の 工藤新一 は、幼馴染の同級生

毛利蘭 と一緒に遊園地に行き、そこで怪しいやり取りを目撃します。


やり取りを見るのに夢中になっていた新一は背後から近づいてくるもう1人に気づかず後頭部を鈍器で強打されました。

そして、その男に謎の薬を飲まされて目を覚ました時には


身体が縮んでいた


黒づくめの情報を得るために毛利探偵事務所に住み着き、ランに名前を聞かれて江戸川乱歩とコナンドイルから江戸川コナンと命名します。



そして毛利探偵事務所にくる依頼を次々解決していくお話です。


うーん

懐かしいです。



今の子たちは第1話とかみたことないんでしょうね。


最近はコナンに出てくるアムロという方の効果もあり、サンデーが完売してるとも聞きます。




主がコナンで驚いたのは、コナンにはキャラクターでアムロとアカイさんが出てきます。



ピンとくる方もいらっしゃると思いますが、この2人はファースト(初代)ガンダムに登場した主人公アムロ・レイと、仮面を被った赤い機体がトレードマークのシャアの声優さんと一致するのですΣ(・□・;)

私はガンダムも好きなので、初めて聴いた時は非常に驚きましたし、カッコよかったです。


さらには映画の中でこの2人が肉弾戦をするという熱い展開もありました。



肉弾戦と言えば、相変わらずラン姉ちゃんはめちゃくちゃ強いです。笑


どんな凶器を持った犯人でも得意のカラテで一網打尽です。

最近は某国の工作員をやっつけたり、拳銃を至近距離でかわす、シャッターや壁を破壊など、おそらくアニメ界のなんの能力も持たない女子高生の中では最強の部類です。あれで関東レベルなのですから全国レベルは人間ではないと思います。


ラン姉ちゃんで1番気になるのはあのツノです。どうやってセットしたらツノが出来上がるのかわかりません。




最後に


正直な感想を言えば、よくこれだけの長い間、推理モノのネタが尽きないなというのに驚きです。


他にも、コナンが毛利小五郎を眠らせて推理ショーをする時にはもっとよく隠れた方がいいと思いますし、黒づくめのボスの正体が非常に気になります。

あとは、ハットリとカズハの恋愛や警視庁の恋沙汰もさっさとくっつけとも思います。




内容は殺人なども扱うサスペンスもののアニメなのにこれほど愛される名探偵コナンの今後も期待したいですし、コナンと新一が同一人物とわかった時のラン姉ちゃんの反応を早く観たいです。


職務放棄の末に‥

ーー

去年12月、フランス東部ストラスブールの自宅でナオミ・ムセンガさん(22)が激しい腹痛に見舞われ、救急車を呼ぼうとSAMUに電話をかけた際の会話。この録音が、ストラスブールの地元紙HEB'DIで公表された後は、あっという間に大手のメディアで取り上げられ、フランス全体に怒りが広がった。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180520-00010000-jindepth-int


以下会話の内容を抜粋


「どうしましたか?」(オペレーター)

「(小さい声で)助けてください…」(ムセンガさん)


「どうしましたか?」(オペレーター)

「助けてください…」(ムセンガさん)


「よし、どうしたのか言えないなら、切るわよ」(オペレーター)

「…とても痛いんです」(ムセンガさん)


「じゃあ、お医者さんに電話してください。わかった?」(オペレーター)


中略


「SOSメドゥサンに電話してください」(オペレーター)

「むり…」(ムセンガさん)


「できないの?救急には電話できてるのに、できないんですか。はい、死にそうなんですね。いつかは死ぬわよ。みんなと同様にいつの日か。」(オペレーター)

「お願いします。マダム助けてください…」(ムセンガさん)


〜似たようなやり取りの後、サヨウナラとオペレーターは電話を切った。


ーー



‥酷い話です。

日本ではこんなことは起きないとわかってはいますが、このオペレーターは職務放棄をしてることに気づかなかったのでしょうか。


亡くなられたのは22歳の二児の母です。



ーー

オペレーターが所属していたのはSAMUという救急医療の公共機関である。SAMUの電話番号は全国どこでも15だが、このほかEU共通緊急番号(112)や警察、消防に入ってきた通報もすべて15に転送され、集約される。ムセンガさんが連絡したのも消防署だった。SAMUは県単位で救急外来をもっているさまざまな病院と協定を結んでおり、搬送は比較的スムーズに行われている


通報を受けたオペレーターは自分で判断せず、常駐医が判断する。救急出動が必要なら救急車を出動させ、それほどでなければ電話を直接救急医に回し、医師が電話で診察をする


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180522-00010006-newsweek-int

ーー



全ての緊急電話がSAMUに集約され、そこで判断する制度のようです。

消防士や救急師の電話対応を負担を減らすための制度なのでしょうか。


対応したオペレーター側の言い訳としては、職務の激務が招いた結果だそうだ。ちなみに日本の119番は865万件(2013)、フランスは3100万件(2014)です。オペレーターは1日2000-3000件扱います。


確かに規模が違いすぎて、激務なのは間違いないです。

ただ、このオペレーターの背景は下のようなものでした。

ーー

「この日は、普通の日で、特別電話数が多かった日ではありません。オペレーターは働き始めて2日目。その前は15日間の休暇も取っている。当日の仕事開始時刻は7時半。電話を取ったのは11時半なんです。よってこれは個人の過ちではないかと推測しています。」

ーー


主から言わせてみれば、今回の件は個人の過失です。


しかし、なぜこんなにも電話がかかってくるのでしょうか。


貧困や失業によって、普通の風邪であっても公共医療にかかることができず、症状が悪化し緊急電話が増えているのが原因の一つです。

特に難民、移民が多いフランスでは、職につくことができない方も大勢いますしフランス人であっても景気がいいわけでもないので職につけない方もいらっしゃいます。



フランスの原因を見てみると、いかに日本が恵まれてるかわかります。

誰でも受けられて、主に中国人に医療タダ乗りされてるぐらいですからね(皮肉)


それでも、日本でも救急車をタクシー利用するようなふざけた奴や、重症でもないのに救急車を呼びつける奴がそれなりの規模でいるようで、救急車の有料化も考えられてます。



主は救急車の有料化に賛成です。


もちろんこれは重症患者は別です。救急車を呼びつけて症状が軽い人は3千円、全くない迷惑な奴だったら1万くらいはとってもバチは当たらないと思います。

24時間体制な以上、救急師の負担をできる限り減らしてあげるべきです。



最後に



職務が激務の場合はどうしても、自分の中でいかに効率よく合理的な作業にして、自己負担を減らそうとするのは誰でも思い当たるはずです。


もしも、親身に対応してたとして、その時に別の緊急電話に出ることができず社会的問題になった時、今回とは違っても批判は必ず起きます。


24時間体制で、誰でも利用ができ、なおかつ親身になってもらえるサービスは必要とされています。しかし、莫大な人海戦術でも使わない限り時間帯にもよりますが激務を解消するのは非常に難しいです。


日本も同様に、サービスを提供する側の負担軽減を考えてあげるべきではないでしょうか。