ほのぼの日常

気になった記事に自分の意見を押し付けるブログ

映画、ニュース、なんでもいい
自由気ままに更新

またもやデモ

ーー

野党と労働組合が呼び掛けたこの日のデモには1万5000人以上が参加した。

 12日に議会で可決された労働法改正案は、雇用主が要求できる年間残業上限を250時間から400時間に引き上げるほか、残業手当の支払いを最大3年延長できるとしており、「奴隷法」との批判を浴びている。


 政府は、人員不足に苦しむ雇用主に必要な法改正で、長時間勤務を希望する労働者にも恩恵をもたらすと主張している


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00000030-jij_afp-int

ーー


フランスはデモで大変な騒動になってますが、ハンガリーでもデモが発生しています。



労働改正法案が可決されたことが原因です。


年間残業上限250→400

残業手当支払いが最大3年延長できる



上限が250の場合は月20時間弱の残業ですから、週5労働計算だと1日の上限は1時間くらいです。

それが400になると月33時間弱の残業が認められて、同じ週5計算だと1時間半程度です。



朝9時始業の17時終わりだとすると、


上限250→最大18時

上限400→最大18時強


そもそもこの計算方法であってますかね?


個人的におかしいと思うのは、残業手当の支払いが3年間延長できるのが理解できません。(日本でもある程度できる)


残業手当の支払いを後回しにしていいわけがありませんからね。



ただ、ハンガリーの400で奴隷法だと日本はどうなってしまうのでしょうか。


ーー

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/roudouzikan/week/970413.html

ーー



日本の上限は労働法36によると、現時点ですでに360です。

職種によってはほぼ無制限になったものもあります。


ヨーロッパが働かなさすぎなのか、日本が働きすぎなのか‥捉え方は人それぞれですが個人的には働きすぎだと思います。

ニュースの月80.100時間なんて、根性とか抜きにしても精神がまいってしまうと思います。もちろん主はそんな残業時間働いたことないので想像です。



ただ、残業手当に頼ってる方もいますし、残業しちゃダメと言われて会社から追い出され家で仕事して残業手当がないくらいなら、残業手当を貰った方がはるかにいい気がします。



働き方改革だなんだ言ってますが、個人的に1番いいのは、短い時間で集中して働くことです。仕事にもよると思いますが長時間ずっと集中できません。2時間ごとに10-15休憩が取れたら能率が上がるのではないでしょうか。






最後に



ヨーロッパでは日本のような過労死はほぼないのかもしれません。


主はまだまだ社会人経験が少ないのでなんとも言えませんが、気持ちよく働ける環境を作るには会社の規則をどうにかしなければなりませんし、それに介入できるのは法律と監視できる役人です。


どんな業種でも週5で2日休み、あるいは週6でも最後の一日は半日みたいな感じの方が、しっかり休めて働く意欲が湧くのではないでしょうか。


日本はこういったデモはほぼ起きません。一昔前ならストライキやデモ、闘争があったようですが今や珍しいものとなりました。

デモがいいものかどうかは別としても、社会がおかしいと感じたらなぜおかしいのか考えられる余裕を持てる人が増えた時、日本の社会、政治家が変わります


全ての労働者が意欲を持って、余裕を持って、楽しく?働ける日がくることを願います。



軽い?重い?妥当?

ーー

神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月、あおり運転を受け無理やり停車させられ、萩山嘉久さん(当時45)友香さん(当時39)夫婦が別のトラックに追突され死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(26)の判決公判が14日、横浜地裁で行われ、懲役18年が言い渡された。


裁判官からは「家族旅行の帰りに、突如生命を奪われた被害者の無念さは察するにあまりある。両親を失った遺族の悲しみは深く、厳罰を求めるのも当然。(発端となった)パーキングエリアでは駐車場所に駐車できたのに、通路に止めたことが問題であり、非難を受けたからといって犯行に及んだことは常軌を逸している。(余罪などを否認していたことも)真摯(しんし)に反省しているとまでは評価できない」


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00418853-nksports-soci

ーー


自分は弁護士にはなれないなと感じる事件です。

正直懲役18年なんて短すぎます。個人的にはコイツは死刑か、終身刑です。



容疑者は26才です。救いようのないバカです。


ただ、若いが故に18年後に刑務所から出た時はまだ44です。



容疑者は今回の判決に絶対不服な気持ちを持っています。

こういう奴は自分が圧倒的に悪いし、生きてるだけでもおかしいのにも関わらず遺族に逆恨みしそうなタイプです。


刑務所から出てきたら遺族を守るか、容疑者を監視する必要があります。



ーー

今回の判決は危険運転致死傷の成立を認めたが、厳格に法を適用すると「無罪」の可能性があったのだ。


7日の第5回公判。弁護側から「どう償うか」と問われ、あきれたことに「分からない」と回答。謝罪文には「事故がなければ彼女と結婚する予定でした。彼女は体が弱く自分が支えたいと思っていたので、事故のことはお許しください」などと記されていた。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181214-00188460-diamond-soci

ーー



普通の感覚をお持ちの方であればこれが謝罪文?と感じる方も多いのではないでしょうか。


彼女と結婚する予定でした?自分が支えたいと思ってるので事件は許してください????




コメントできないぐらい腹がたちます。



そして、誰もがありえないと思ったはずですが無罪の可能性があったのです。


ーー

危険運転致死傷はもともと「運転中の行為」に対する処罰を前提にした法律で、飲酒や覚せい剤使用、大幅な速度超過など「通常の運転ができない状態」を対象にしている。


 今回、石橋被告は停車し、降車した状態だった。この点が一部専門家から「困難」と指摘された理由だ。

ーー



他にも監禁罪にも該当しない可能性もあったり、車が止まってた状態だった為に刑を重くすることは非常に難しいようでした。



煽り運転がたびたび起きるのは、煽り運転がどれだけ重い罰則になるのか知らないからかもしれません。



ーー

・負傷事故で最長15年以下の懲役

・死亡事故で最長20年以下の懲役(場合により最長30年以下にも!)

・違反点数45~62点、免許取り消し、欠格期間5~8年の行政処分


https://car-moby.jp/75595

ーー


まぁ自分もよく知らなかったので調べてみましたが、思ってたより軽いと感じました。


今回の事件は過去に前例のない為、もっと挑戦すべきというか、今後の煽り運転の事故事件のためにも、何度も言いますが非常に重い刑、究極的に言えば死刑にすべきでした。



煽り運転の事件が増えてる気もしますが、年々

煽り運転の取り締まりも厳しくなったり、ドライブレコーダーの普及で少しずつ煽り運転は減ってるはずです。

1番効力があるのは、危険な運転をするような輩を車に乗せないことです。ただ、突発的に起きることもあり、なかなか難しいのが現状です。



今回の場合は、容疑者はこの事件を起こす前にも何回か煽り運転をやってたりしたのでその時点で免停にできればとも思ってしまいました。




最後に



こんなヤツを弁護しないといけない弁護士がかわいそうなのと、法律がいかに難しく、結局誰のための法律なんだろうと感じます。


死んだ人は帰ってきません。



ただ、煽り運転をしなくても主を含め車を使う人であれば、一歩間違えれば人を殺してしまう、事故を起こす可能性は十分あります。

絶対に事故を起こさないためにも、標識や規制を守り、余裕な気持ちを持って安全運転を心がけましょう



煽り運転ダメ❌絶対‼️




どこの国も同じ

ーー

1日に一部のデモ隊が暴徒化したパリでは、過激化する事態を懸念し、エッフェル塔や美術館、デパートなどが臨時休業。治安当局が全土で警官ら約9万人を動員して厳戒態勢を敷く中、AFP通信によると、パリ中心部でデモ隊と警官隊が衝突、警察側は催涙弾を発射した。

 AFPによると、デモ開始前に278人がパリで身柄を拘束された。エリゼ宮(大統領府)周辺は安全確保のため封鎖され、住民以外の通行が禁じられた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000101-jij-eurp

ーー



フランスはテロの脅威、難民問題だけでなく反政府デモにも手を焼いています。反政府デモの原因は、実感できない経済回復による不満と、矢継ぎ早の増税などによって貧困層、中間層が打撃を受けた為です。



ーー

1日はパリのほか、南部マルセイユでもデモ隊が警官隊と衝突。仏中部では県庁舎が放火された。仏内務省は全国で630人を身柄拘束したと発表。このうちパリは378人だった。


 1日のパリのデモ参加者は、同省発表で約8千~1万人。警察は1日、仏メディアに「当日は5千人態勢で警戒にあたる」と述べ、シャンゼリゼ通りを通行規制して、デモ隊の侵入を阻止した。前回のデモで同通りに被害が集中したためだ。しかし、デモ隊は規制の外側にある凱(がい)旋(せん)門(もん)から各地に拡散。「規制区域の拡大を事前に求めたが、受け入れられなかった」(パリ17区の区長)などの声が出た。警察官が袋だたきに遭ったり、パトカーが放火されたりする場面もあった。


デモは今後も続く可能性が強い。1日のデモ参加者は、全国で約13万6千人にのぼった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00000564-san-int

ーー



人が集まれば暴徒化する可能性は十分あります。それが反政府デモになれば尚更です。

純粋に不満を表してるデモ参加者もいれば、暴れることを目的とした参加者もいます。



日本のデモは主催者が数字を大きく盛りすぎることしかないので全く信用できませんが、フランスはどうなのでしょうね。

それにしてもデモ総数が13万とは恐ろしいものです。13万人とは限りませんが、少なくとも万単位であることは間違いないと思います。



ただ、これだけ暴徒化されて放火や破壊をされてしまうと観光客は減ります。

テロの時も観光客がものすごく減りましたが、今回のデモが今後も長引くのであれば、クリスマスや年末も近い為、大打撃です。



ーー

2018年11月2日

第3四半期GDP成長率は0.4%、前期から加速(フランス)

2018年9月5日

第2四半期GDPは前期比0.2%増、低成長続く(フランス)


https://www.jetro.go.jp/world/europe/fr/basic_03.html

ーー



低迷が続いてるとはいえ、失業率も10%近くあったのが8%後半くらいまで下がることができました。フランス経済はものすごく緩やかに回復しています。



ーー

フランスの歳出規模は先進国で最も高く、膨張する政府債務の大きさも問題視されてきた。

就任直後には、労働組合の抵抗を押し切って、企業の解雇手続きの簡素化や不当解雇補償額の上限設定などの労働市場改革を断行。予算編成でも、法人税率の段階的な引き下げ、金融資産にかかわる富裕税の廃止、投資やイノベーションの促進、デジタル経済化の推進など、企業活力の活性化に重点を置いている。


労働組合などが中心となった過去の抗議運動と異なり、インターネットやソーシャル・メディアを介して賛同者を集める黄色いベスト運動には、明確なリーダーが存在しない。デモに参加する動機も、燃料税の引き上げはもとより、賃金低迷、生活苦、失業、公共サービスの質の低下、マクロン大統領への不信感など、参加者によってさまざまだ。政府が対話を呼び掛けても、誰と交渉の場につけばいいのか、何を交渉条件にするのかが曖昧な、対応の難しさがある。


https://search.yahoo.co.jp/amp/news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/15692365/%3Fusqp%3Dmq331AQJCAEoAVgBgAEB

ーー



日本もそうですが、いくら経済が回復している、GDPが上がってると説明されても、実感できないのであればわかりません。

全国民が実感できるのが1番いいのですが、まず不可能です。過半数以上の国民が実感できればいい方ではないでしょうか。


そして今回のデモを組織したリーダーがいないのが本当であるのなら、デモを抑えるには軍や警察などの 力 で抑えるしかなくなります。

すでに暴徒化して、破壊活動が行われてる以上次回は死傷者が出てしまうかもしれません。



今回の燃料税などの値上げは当面見送る形になり、安定を目指すのが1番妥当な解決方法だと考えます。

ルノーと日産にフランス政府が介入してくるのは、デモ参加者に対してのアピールなのか、ルノーの労働者にまでデモに参加者させないようにするための行動なのかもしれませんね。





最後に



フランスは昔から革命や闘争によって、王や権力者を処刑した歴史を持っています。

その為、デモ自体にはあまり抵抗感がないのかもしれません。


しかし、ここでフランスのマクロン氏が辞めるともなれば、前回の投票的にいえばルペン氏となり、またもやトランプ氏系の大統領が誕生します。


それはフランスのEU崩壊を意味します。


個人的にはEU構想自体、非常に難しいことで長くは続かないとは思ってますがそれでもEUが無くなるのを目にするのはイヤですね。



この難局を乗り切れる手腕がマクロン氏にあるかどうかわかりませんが、それでも期待したいです。