ほのぼの日常

気になった記事に自分の意見を押し付けるブログ

映画、ニュース、なんでもいい
自由気ままに更新

価値観の違い!

ーー

中国南部で21日、「犬肉祭」が開幕し、犬肉の煮込みに舌鼓を打つ人々の姿が見られた。近隣の韓国では犬の食用禁止に向かう動きがあったばかりで、中国の動物愛護活動家らは、数千匹の犬が食肉処理される悪名高いこの祭りを阻止する戦略の再考を強いられている。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00000050-jij_afp-int

ーー

ーー

中国広西チワン族自治区玉林市で21日、夏至の日に犬肉を食べる伝統行事「犬肉祭」が行われた。消費される犬は約1万匹といわれ、内外から激しい批判があるが、地元は「価値観を押し付けるな」と反発している。

 ロイター通信によると、警察当局は反対派の抗議活動に対する警戒態勢を敷いた。住民の一人は「犬肉祭は親しまれている習慣であり、正しいとも間違っているとも言えない」「あなたがインターネットで見ている犬が血まみれになっている場面は、他の動物と同じだ」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00000558-san-cn

ーー


時々話題となる犬の食用問題です。


主は犬が大好きだし実際に飼っているので、犬を食べるなんてゼッーーータイ考えられない、ありえない派ですが、下の記事に書いてある通り価値の押し付けは正直どうかと思ってます。


犬はダメでなぜ牛、魚、豚、鳥は食べていいのか。同じ動物なのに何が違うのかと言われると答えに詰まります。なぜなら単純に人間の選り好みの結果だからです。

特に家畜は食べられる為だけに生きてると考えたら残酷と言っても過言ではありません。



しかし、残念ながら私達は既に肉の味を覚えてしまっていて、さらにはある程度の肉を摂取していかないといけないカラダのつくりになってしまってるので、もはや戻ることはできません。



他国からは理解されない伝統なんておそらくどんな国や地域でもたくさんあります。その伝統を否定する権利は他国や他の地域にはないはずです。


これは日本にも当てはまることですが、特に欧米のルールや考え方の全てが正しいわけではありません。

確かに彼らは早くから産業革命や人権などの考え方を想起したりして一歩進んでるかもしれません。しかし、それはそこで通ずるルールであり他所に強制することではないものです。取り入れたとしても、それを自国に合うようにカスタマイズしたものこそが、真の自国に合うものなのではないでしょうか。


ーー

韓国の動物愛護団体は20日、同国の裁判所が犬の食肉処理を違法とする判断を示したことについて、犬食の違法化に道を開く画期的な判決だとの見解を示した。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000038-jij_afp-int

ーー


情緒国家の韓国では流石に今はないとは思いますが、試し腹のような悪しき伝統ではない自国文化さえ否定してしまうのですから驚きです。

このご時世に犬の食用で経営をやっていけるわけがないので、遅かれ早かれいずれ無くなります。それなのに現時点で強制的に否定するのはいかがなものかと思います。


ーー

韓国の警察当局は11日、農業を営む男(62)が隣人の飼育する犬を殺して調理し、その肉を食べる夕食会に飼い主を招くという出来事があったことを明らかにした。

http://www.afpbb.com/articles/-/3170868?act=all

ーー


まぁこんなキチガイなことをされたらたまったものではありませんがね。



最後に


日本のことわざの郷に入ったら郷に従えではあるように、その国、地域によって様々な文化や伝統があります。


どんな考え方や価値観にも当てはまることですが、他人への押し付けほど反発されるものはありません。

たとえ理解できなくても、否定するのではなく静観してあげることが一番穏やかな解決方法です。


秩序と高揚感

ーー

日本代表は19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦でコロンビア相手に2-1で勝利を飾った。W杯でアジア勢として初めて南米勢を破る“サランスクの奇跡”を演じたなか、海外メディアは勝利に酔いしれる「渋谷の祝祭」にも注目している。


警察が交通整理をするなか、ファンが交差点でハイタッチを繰り広げる歓喜の様子を収めた動画をツイッターでも紹介している。「有名な渋谷の交差点で数千人が行進し、幸せな祝祭が東京で起きた」。“渋谷の祝祭”も日本サッカーのW杯における恒例行事として、世界的な認知度を高めている様子だ。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180620-00113598-soccermzw-socc

ーー


大阪の大きな地震で気持ちが下がってる中、日本の歴史的な勝利は主も嬉しいです。


相変わらず渋谷のわけわかんないお祭りは、事あるごとに集まるようで警察官の方々はお疲れ様です。おそらくワールドカップの日本戦の度に出動する必要があるのかなと思うと、申し訳ない気持ちになります。



そして、興奮した群衆が危険な集団と化すのは当たり前の話です。


ーー

 そして午後10時50分ごろ、終了のホイッスルが鳴ると、「ニッポン、ニッポン!」コールが。とともにセンター街から日の丸の旗を持つサポーターが交差点になだれ込みハイタッチ。興奮を抑えきれない男性が警官のメガホンを奪って絶叫したり、上半身裸でガードレールを乗り越えるフーリガンも。これにはさすがの警官も「上がるなっ。服着ろっ」と声を荒げた。信号が赤になってもサポーターが横断歩道を渡りきれず、救急車両が通れなくなる場面もあった。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000021-ykf-spo

ーー


大阪の道頓堀でもダイブなどあったそうです。渋谷では緊急車両が通れないことも起きたそうですがこれは大問題です。


他にもこんな事が


ーー

2018年6月19日に行われた日本代表の初陣、いきなり波乱が起きた。開始3分にコロンビアの選手がシュートを腕で防いだとしてレッドカードとなり、日本はPKを獲得。香川真司選手が幸先よくゴールを決めた。

この場面に目を付けたのが小西議員だ。先制点から約1時間後、自身のツイッターで退場処分となった反則を「チームを救うための究極の行為は一発レッドカード。反則は絶対悪、退場も最悪ミスだが、我が身を捨てた執念の行為」と評し、その上で


あの瞬間に何もせず、失点承知でシュートを見送るだけの国会議員が何人いるだろうかと考えた。安倍政治は罪深い」


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000003-jct-ent

ーー


もう何でもかんでも安倍批判に繋がるところが凄いです。スポーツに政治を持ち出すのもよくありません。


そんなことで支持を得られるわけがないし、同調するような人がいるとしたら、それは考えるのをやめた政権批判をしたい人たちだけです。



ーー

サッカーのワールドカップ・ロシア大会で、日本代表は6月19日、コロンビア代表と対戦して、2−1で勝利した。東京・渋谷では、サポーターたちがスクランブル交差点になだれ込み、歓喜に沸いた。一方で、その混乱の中で、胸や尻を触られたという報告もツイッター上で相次いでいる。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00008072-bengocom-soci

ーー


最低なゲス野郎がいるのが非常に残念です。こういう輩はサポーターを装った犯罪者の可能性があり、個人的には計画的な犯罪だと思ってしまいます。



そもそもなぜ渋谷のスクランブル交差点に、たくさんの人たちが集まるのかよくわかりません。

単純に渋谷に来る人が多いのもあるかもしれませんし、スポーツバーやパブリックビューイングが渋谷でたくさん行われてるから結果的に人が集まってしまうのかもしれません。


主的にはまたマスコミ批判で申し訳ないのですが、必要以上にマスコミがテレビで取り上げてしまうから、余計に注目が集まってしまうのではと感じます。




最後に


確かにたくさんの人数で一体感になるあの高揚感は主も好きです。


しかし、それは他人に迷惑をかけない場所で行うべきであるし、そういった場所がないわけではないのだからもっと考えて欲しいです。特に緊急車両の話はバカにできません。スクランブル交差点を通れなくて間に合わず、救えるはずだった命を救えなかったら言葉にできません。


ポーランドとセネガルの試合でポーランドが負けた今、次のセネガル戦に勝てれば日本は予選リーグを突破できます。

次の試合も是非勝ってアジア勢で最初の予選突破を決めて欲しいです。


このぐらいラグビーも盛り上がればなぁと思ってしまう主でした。


多様性というワガママ?欲望?

ーー

平日は9~17時まで子どもを保育園に預けて、仕事をしています。産後1カ月から働いていたのですが、ほぼフルタイム勤務になりました。


基本的には一人で育てているのですが、「子育てに関わりたい」と言ってくれる人もけっこういるので、その方たちに関われる範囲で関わってもらって、子育てを共有しています。賛否両論あると思いますが「出たり入ったりしやすい家族」というニュアンスにも近いかもしれません。

無理に縛っても出ていく人は出ていくと思うので、ゆるくつながりながら、一緒にご飯を食べたり、遊んだり。うちは産前から大臣制で「ごはん大臣」や「お風呂大臣」「洗濯物たたみ大臣」という風にしていて。やれることを、やれる人が、やれるときに、やれるかたちで関わるという形にしています。


結婚して子どもを産むというスタンダードな方法で子育てができるならそうしたかったんですけど、「私には合わないな、違和感があるな」という気持ちがあって、自分流にカスタムせざるを得なかっただけなんです

最近ではよく「選択的シングルマザー」と呼ばれることも増えてきたのですが、選択的シングルマザーを「選んだ」わけではない。


選択的シングルマザーになりたい人に一言」とか言われることがたまにあるんですけど自分でやれる範囲の事からやってみればいいと思う。みんなができることでもないと思うので、いろんな人と話して、時間をかけて考えたらいいと思います。

ただ、いろいろな人がそれぞれにぴったりくるやり方を見つけられたらいいなとは思いますね。そういうあり方に対して攻撃や批判をするのでなく、応援できる社会は自分で作っていくんだ、っていつも思っています。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00010000-huffpost-soci

ーー


最近は選択の多様化が進められていますが、まさか自分からシングルマザーになる女性がいたとは想像できませんでした。

確かに好きな人も愛する人も出会うことができなかったり、結婚生活に縛られるのが嫌だとか様々な理由はあったとしても、それでも子供が欲しいと思う女性の方はいらっしゃるということです。


上の人のを読む限り、俗にいう地域ぐるみの子育てを実施しています。

たくさんの人が、近場に住む、あるいはシェアルーム?的な感じで子育てに関わり、手伝いあうことは素晴らしいと思います。



しかし、残念ながら多様性という言葉は非常に使い勝手のいい言葉だなと思ってしまうのが主の印象です。

もちろん否定はしませんが、なぜ貧困シングルマザーが問題になってるのかよく分かってらっしゃるのでしょうか。



シングルマザーの一番の問題点はやはり稼ぎの限界です。

この女性が人間的にも能力的にも素晴らしく稼ぎが500〜800万以上あり、計画的に貯金すれば、おそらくやっていけます。しかし、偏見にはなってしまいますが誰もが計画的に貯金したり稼げる能力を持ってるわけではありません。


そうした女性はどうしても低所得あるいは150-300万で自分と育っていく子供を養わなければなりません。

前にも話していて、現金的な話になってしまって申し訳ないのですが、子供は成人になるまでにどうしても金がかかります。


上の女性の周りの方々は金銭的な支援までしてくれるのでしょうか?もしも自分の体が万が一壊れたり何か起きたりした時に肩代わりしてくれるほどの方々なのでしょうか。



そういったことまで考えてしまう自分が否定的すぎると言われたらそこまでですが、やはり稼ぎ頭は2人いた方が何かと都合がいいと思うしどうにかなるはずです。


あとは、もしも小さい頃や思春期と言われる中学から高校までの難しい時期に、どうして母親あるいは父親がいないの?と聞いた時に、あなたには生物学的には父親がいるのよと言われたら何だか言葉にできない気持ちになってしまう気がします。


ーー


妊娠にあたっては精子バンクを利用することを選びました。外資系企業に勤務していたことから本社のあるアメリカに出張した時の休日を利用して精子バンクへ。ここの精子バンクでは人種や身長、IQや学歴等、細かい指定をするほど費用が加算されるシステムでした。


妊娠に至るまでに新車一台分くらいの費用がかかったそうですが、念願の子どもを授かることができて幸せだと言います。そして、現在も妊娠前と同じ外資系企業に勤務しながら子育てをしています。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180614-00010001-alterna-soci


ーー


そして、2つ目の記事の女性たちに共通するのはお金持ちということを頭に入れてください。



この記事を読んだ時に、以前お話しした

機動戦士ガンダムSEEDの話を覚えてる方はいらっしゃるでしょうか。


見た目や能力を遺伝子操作し、親の思い描いた子供を作り、その子供をコーディネーターと呼び、遺伝子操作を行わなかったナチュラルと呼ばれる人と共存できなくなり戦争をする話です。



記事では遺伝子操作はしないものの、親が欲しいと思った見た目や能力を選ぶところに恐怖を覚えました。

こういった技術はやはり需要があり、実際に使われてるんだと思い知りました。

これも俗にいう生物学的には父親がいるが父親はいませんという話です。



人間の欲望というのは限界がない上にその欲望を叶えてしまう科学技術は凄いなと感じます。



最後に


家族の形や構成は様々になるのはもちろん構いませんし、それを理由に否定することはよくありません。

しかし、それら全てに共通するのは子供をしっかり一人前にできたり、途中で育児放棄みたいにならないかが非常に不安です。


同性結婚は子育ては二人でしますが、シングルは周りの助けがあったとしても一人です。



記事の最後に決してシングルマザーをブームにしたり助長する気はないと書いてありましたが、やはり記事になる以上需要があるはずです。計画なしにシングルマザーになり悲惨な事故が起きないことを切に願います。