ほのぼの日常

気になった記事に自分の意見を押し付けるブログ

映画、ニュース、なんでもいい
自由気ままに更新

大阪万博おめでとう!?

ーー

政府と経済界、地元自治体が一体となって誘致を進めていた2025年の万国博覧会が日本の大阪で開催されることが決まった。地元では、喜びに沸く一方、7年後の開催へ向けた課題も見えている。

2025年の万博開催地を決めるBIE(=博覧会国際事務局)の加盟各国の代表による投票が24日未明、フランスのパリで行われた。3か国の争いで日本の大阪は1回目の投票でトップに立ち、決選投票ではロシアのエカテリンブルクを下した。


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20181124-00000029-nnn-soci

ーー

ーー

帝国ホテル大阪(大阪市)の幸田雅弘総支配人は「大阪で2度目の開催となる万博を迎えられることは大変ありがたい」と喜ぶ。同ホテルでは、万博開催前の準備期間にも照準を定め、参加各国・地域の関係者や国内法人の宿泊、宴会の取り込みを図る方針で、「開催期間中は万博観光を想定したキャンペーンやサービスの展開を検討する」とした。


 JTBは「万博の来場客が大阪を拠点に広く関西を回遊する仕組みができれば関西全体の活性化につなげられる」(広報)と指摘する。


いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマにする大阪開催の万博では、最先端技術やアイデアを盛り込んだ健康や医療などに焦点をあてた展示に注目が集まる見通し。関西企業が強みを持つ分野は多い。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00000502-san-bus_all

ーー


まずは大阪万博決定おめでとうございます㊗️

今回で2回目です!!

1回目は1970年の時で太陽の塔は有名ですね。



残念ながら主は前回の大阪万博は全く知りませんので、HPから引っ張ってきました。




ーー

会期 1970年3月15日(日曜日)から9月13日(日曜日)までの開催の183日間

テーマ 「人類の進歩と調和」

(Progress and Harmony for Mankind)


海外参加 76カ国、4国際機関、1政庁(香港)、アメリカ3州、カナダ3州、アメリカ2都市、ドイツ1都市、2企業

国内参加 32団体、展示館32館

(日本政府、日本万国博覧会地方公共団体出展準備委員会、2公共企業体、28民間企業)


入場者数 6421万8770人

1日の最高入場者:83万6千人 ※9月5日(土)に記録

平均入場者数:35万人

会場面積 330ha


入場料 大人(23歳以上):800円

青年(15~22歳):600円

小人(4~14歳):400円

※当時の平均月収は5万円


https://www.expo70-park.jp/cause/expo/

ーー



オリンピックとは違うので、万博は半年近く開催されてます。

時代が時代とはいえ6000万人以上も来園されるとは凄いです。参加国、企業はかなりの数なようで展覧会だけでなく商談もたくさんあったのかもしれません。



万博は各国の文化や歴史、最新技術を展覧してるようで機会があれば主も行ってみたいものです。

ラグビーワールドカップ、東京オリンピック、大阪万博と国際的な催しモノが日本で開かれる事は素晴らしいことだと個人的には思います。



ただ、見切り発車っぽいのと東京オリンピックと同じで費用が予算より大きななるのが怖いですね。

東京オリンピックは当初3000億円でしたが、現時点ですでに2兆円を超えてるみたいです。


ーー

2025年国際博覧会(万博)で経済界が直面する課題の一つは会場建設費の負担だ。経済効果が1.9兆円と見込まれるなか、約1250億円と試算される建設費は、国、地元自治体(大阪府、大阪市)、民間が3分の1ずつ負担することで合意しており、経済界は約400億円を求められている。


関西を中心に全国の企業に事業規模や業績に応じた負担を要請する「奉加帳方式」を軸にせざるを得ないとみている。


 ただし、関西だけでは限界があるのも事実。鍵を握るのは東京の有力企業を多く抱える経団連だ。「まだ内部で議論しておらず具体策は何も申し上げられない」と語るにとどまった。関経連は今後、経団連や政府との協議を加速させる方針だ。


大阪府・市と経済界が昨年8月にまとめた「夢洲まちづくり構想」によると、道路は夢舞大橋を現在の4車線から6車線に拡幅。鉄道は大阪メトロ中央線を咲洲のコスモスクエア駅から約3キロ延伸し、夢洲の中央部に新設する「夢洲駅」(仮称)と結ぶ。府市は大阪メトロの延伸と夢洲駅の建設工事を約540億円と試算。夢洲の万博会場の隣接地に誘致を進める統合型リゾート施設(IR)の開業目標とする2024年度までに整備したい考えだ。


 また、京阪ホールディングスは、京都方面から大阪市中心部の中之島を結んでいる中之島線(天満橋-中之島)について、大阪メトロ中央線九条駅まで接続する延伸案を検討。JR西日本は桜島線(西九条-桜島)を舞洲経由で夢洲まで延伸することを検討している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00000543-san-bus_all

ーー



そういえばカジノも大阪でした。


現在の万博による効果は6兆円と言われてます

ちなみに前回の大阪万博では5兆円程の効果がありました。



ーー

政府の計画では、大阪万博は25年5月3日~11月3日に開催。大阪市湾岸部の人工島「夢洲(ゆめしま)」が会場で、テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。2800万人の来場を見込む。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00000035-asahi-soci

ーー


ただ、主は東京オリンピックと同様に開催時期が心配です。


皆さんも記憶に新しいと思いますが、大阪は台風による被害で深刻なダメージを受けました。道路、建物、人工島、空港などが被害を受け、来日されてた外国人の方々は相当なストレスを受けたと思います。

日本は昔以上に台風の被害を大きく受けるようになりました。台風だけでなく地震もそうです。



日本は今後の国際大会を誘致実現するためにも本気で台風や地震対策を進めるべきです。




最後に


同じことを何度も書きますが、国際的な催しモノを日本でできることは素晴らしいことです。


ただそれは、きちんとした計画や下地があって成し遂げられます。

来日外国人の力は今やばかにできません。欲を言えば何度も来てもらえるようにリピーターを増やさなければなりません。


、アジアだけのお客様だけでなくヨーロッパや北米南米のお客様を増やすことです。

そういった近いお客様より遠いお客様が、遠くても日本に来たいと思ってもらえることができた時こそ観光大国に近づけると思います。



日本にはまだまだ魅力や力が眠ってるはずです。その資産を発掘し活かすことができれば、また新しい日本を作れるのではないでしょうか。



次は無い( ̄(工) ̄)

ーー

大戦終結100年を迎え、「コンピエーニュの森」で犠牲者を追悼するドイツのメルケル首相(左)とフランスのマクロン大統領。

かつて戦火を交えた両国の首脳が、固く手を握り合い、抱擁を交わした。


https://www.buzzfeed.com/jp/keiyoshikawa/hatakononowariokara10030

ーー


昔の人達からしたら、今の世界は平和だと思ってくれるのでしょうか。

EUの構想は昔で言うと一国による支配、または全方位外交といったものに近いかもしれません。


では、第1次世界大戦をざっくり振り返ってみます。



第1次世界大戦の引き金になった事件と言われてるのが、サラエボ事件です。

サラエボ事件とは、オーストリア皇太子夫妻がセルビアの19歳の青年に殺害された事件です。


皇太子を殺されたオーストリアはセルビアに宣戦布告します。

スラヴ系が多かったセルビアを支援する形でロシアが参戦。ロシアが参戦したことによって、オーストリアと同盟関係であったドイツが参戦。ドイツは後方のフランスを叩く為フランスに宣戦布告。フランスやイギリスは当時ロシアと三国協商という形でほとんど同盟関係であったため、ロシア側で参戦‥と、各国が次々と戦争状態になりました。



当時の戦争は大国同士がぶつかることが少なく、一方的な形のものが多かったので、どの国も長期に渡る戦争になるとは思っていませんでした。

クリスマスまでには帰る‥この言葉は有名です。


世界は欧州を中心に、4年と半年近くの始めての世界大戦に突入します。



戦争が長期化になるにつれて前線の兵士、物資が足りなくなり、全国民が戦争に協力しなければならない総動員体制をどの国も取るようになりました。

そして、機関銃や戦車、航空機、毒ガスなどの兵器も次々投入されていきます。


諸説はありますが、戦死者は1600万人、戦傷者は2000万人にも及ぶとされました。




第二次世界大戦も悲惨でしたが、第1次世界大戦も悲惨です。

この第1次世界大戦の結果、世界は軍縮や国連といった組織を作りますが、あまり機能せず、賠償金絡みでドイツが大変なことになり、さらに世界恐慌が起き、その後また世界大戦を始めます。


幸い現時点では第三次世界大戦は起きていません。

しかし、そのせいもあって人が溢れに溢れています。悪い言い方で申し訳ないのですが、戦争に次ぐ戦争時代の世界の人口は今のような増え方はしませんでした。



何が言いたいかというと、次の世界大戦は食料や水不足の為に起きてしまうかもしれません。

どんなに海を埋めても食糧生産には限界があります。

次の主食は少ない手間で爆発的に増えてくださる虫かもしれません。笑


それか、またガンダムの話で申し訳ないのですが、可能であれば宇宙に移民するしかないですね。




最後に


フランスとドイツは歴史的にみれば、百年戦争などもあってお互いを殺し合いすぎました。

それでも今はEUという形で手を取り合っています。

日本もアメリカと殺し合いをしましたが、属国と揶揄されたとしてもお互いに手を取り合うことができてると思います。



お互い殴り合ってからわかりあうとはよく言われてますが、次に殴り合う(戦争)が起きれば第1次、第2次にも負けない悲惨さになること間違いなしです。

いくら戦争にルールを設けようとも、負けそうになればなんだってやります。


つまり人類に次が無いのです。



戦争が起きるのであれば、冷戦時のような決して直接大国同士では殴り合わない戦争であってほしいものです。


机上の空論

ーー

国連総会第1委員会(軍縮)で1日に採択された日本の核廃絶決議を巡り、米政府が採決前、核保有国に核軍縮を促す核拡散防止条約(NPT)第6条の明記に反対を表明、日米間に意見対立が生じていたことが8日、複数の外交筋の話で分かった。米国は決議が過去のNPT合意に言及した点にも難色を示し「合意は時代遅れだ」と指摘、最終的に棄権した。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000148-kyodonews-int

ーー


正直、日本が核廃絶を訴えるのはおかしいです。


日本は太平洋戦争末期、九州と中国地方の一部を核に焼かれました。もう少し戦争が長引いていたら東海や北陸、関東も焼かれた可能性は十分あります。

核兵器は恐ろしすぎる兵器であり、戦意をくじくには十二分に威力を発揮してくれやがりました。


しかし、日本は核に焼かれたのにも関わらず、今この時も核に守ってもらってるのです。



最近アメリカはロシアと結んだ中距離核兵器の条約を破棄しました。

この条約はすでに形骸化していたのも理由の1つですが、それ以上に中国の核戦力が強まっている為です。


さらに言えば核不拡散条約(NPT)もあまり効果を発揮できてません。

核保有国として認められてるのはイギリス、フランス、アメリカ、ロシア、中国です。


しかし今では、パキスタン、インド、北朝鮮、イランなど少しずつではありますが核保有国は増えています。


ーー

スイスは昨年、国連本部で行われた禁止条約制定交渉に参加、採択にも賛成した。しかし政府内で条約に関して検討を進めた結果、加盟は軍縮外交や安保政策上のリスクを伴うとの結論に達した。ただし今後の状況次第で立場を再検討することもあるとした。


https://this.kiji.is/402579609625232481

ーー


あのスイスでさえ、きっぱりと否定していません。

個人的にはイスラエルやトルコ、サウジアラビアなどの中東国家はアメリカとの関係があるために核保有をしていると思ってます。



核廃絶がいかに難しいかわかります。

理想と現実ってやつですね。


昔にも書いたかもしれませんが、日本が核兵器の無い世界を目指すに為には、核兵器以上の兵器を作るしか方法はありません。

または、ガンダムの世界にあるような核を無効にする兵器を作る二択です。



もしも、本気で核廃絶を訴えるのであれば、日本は核の傘から出なければなりません。そうしなければ、ただの茶番です。




最後に



ここまで核に頼りきってしまったのは戦後の教育やGHQの賜物です。


こんなに核アレルギーなのは日本以外見当たりません。むしろ隙があれば核保有しようとする国が多いはずです。

まだ米露中の核の傘に入ってる勢力みたいな状態が続く方が核の拡散は防げます。


ただ、もしもこの三ヶ国の経済や軍事力が落ちどの国も似たような力を持ってしまった時、核拡散は一気に広がります。



核のある世界、無い世界、どちらを選択し作るかは私達人間です。

いつの日か人間が賢くなり、外敵や他国に脅かされず、上も下もない世界が来ることを願いたいです。