ほのぼの日常

気になった記事に自分の意見を押し付けるブログ

映画、ニュース、なんでもいい
自由気ままに更新

脅威と願望🌎🌎🌎🌎

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170706-00050402-jbpressz-int


空母の次は最新鋭の駆逐艦ですか‥

中国はまた一つ我々にとって脅威となる駆逐艦を開発したようです。



中国いわくアジア最強の駆逐艦のようですが、実戦に参加したわけではないのでまだわかりません。


しかし、中国の最新鋭駆逐艦055型駆逐艦はステルス性能があるであろう形状の上に、ミサイル垂直発射官、対潜ソナー、中国版対空レーダーシステムを搭載しているようです。





もちろん、性能を細かく公にすることはないので、あくまで推測と少なからず誇張している部分もあるでしょう。

ただ、中国軍(共産党軍)はこれまでかなりの規模のお金を軍備に投資したり研究し、アメリカやロシア、欧州や日本にどんどんスパイを派遣し、一部でも最新鋭の軍事機密を手に入れたりと色々やってきています。




その成果もあり、おそらくかなり優秀な駆逐艦ができているのではと思います。


さらに言えば、中国軍のミサイルの性能も向上しており、種類も数も豊富です。





中国軍の恐ろしいところは、最新鋭の兵器を一つ作れた場合、量産化もできることです。

そして、その量産化に耐えうる資源と資金を躊躇せず投入できるところではないでしょうか。


これが欧州や日本であれば、軍国主義だ、平和に対する挑戦だとか、何らかの理屈をつけてデモが各地で起きます。さらに、マスコミの方々が再軍備反対的な番組をほぼ毎日放送して、どうして必要なのか、なぜ再軍備せざるを得ないのかみたいなことをあまり放送しない偏向報道も増えていきます。



事実、日本の軍備はGDP1%を常にうろついてますが、これを超えた途端のマスコミの反応がすごいのです。





日本の軍備費が微増する時は必ず理由があります。原因は調達費と人件費です。




日本は兵器を自国であまり生産できないので多くをアメリカに頼っています。


そのため、兵器の購入費、輸入費が高くなればそれだけお金が必要となります。買う時も一つではなく、複数で揃えます。メンテナンスのために予備部品も買います。


そして、どこの軍隊もそうですが人件費がかなりかかっています。そして、日本の場合年功序列的なこともあり人件費が増えることはあっても減ることはないのです。




この人件費と武器兵器の調達費を考えた時、為替相場が変動すれば大きく変わるのは皆さんもお分かりになるはずです。

1%を超える時はだいたいこの二つのせいなのであって、軍拡ができているわけではないのです。





こういった制約がない中国軍がいかに恐ろしいか少し考えればわかるはずですよね。




自国で生産でき、資源もあり、金もありと軍拡できる要素を持っていながら、軍隊を監視するような組織がないのも問題でしょう。


もしも時代が帝国主義で、中国が大日本帝國みたいな立場で、強さもあれば太平洋戦争はかなり長く続いたのではないでしょうか。

おそらく東南アジアは平定し、インドも攻め取れれば、アメリカ、欧州とかなりの期間戦えた気がします。そうなると今とはかなり違う時代になりそうです。






色々と長く書きましたが、中国という国の体制を変えなければ、テロやアフリカ、中東を除いて私たちが望んでいる平和はおそらくやってきません。



中国が国際社会と足並みを揃えられるような時代が来ることを願うばかりです。

侵略者が定着する?????

http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASDG04H78_U7A700C1CC1000/



ちょくちょくニュースになっていますが、とうとうヒアリの女王アリが大阪で発見されたようです。





すでに神戸や名古屋でも発見されていますが、今回見つかったのは女王アリだったのが問題なのです。



ヒアリとはどんなアリなのでしょうか。

https://www.houdoukyoku.jp/posts/13989



南米が原産なようで大きさは2ミリから6ミリ。このアリは強力な毒を持っていて、あのオオスズメバチと同じ強さの毒を持っています。


そして刺されると、蜂と同じようにアナフィラキシーショックを起こせます。さらには蜂とは違い何度も針で刺すことができるようです。




ヒアリは凶暴なようで相手を問わず、集団で攻撃してきます。




すでに恐ろしいアリですが、この侵略者達はアメリカの農業に対してもかなりの損害を与えています。



その被害額は数千億円にものぼります。





もともと原産は南米なのに、ヒアリたちの生息地は急速に広がっています。

タイ、中国、オーストラリア、ニュージーランドなどでも発見されています。


ここまで広がったのは、貿易船のコンテナや植物などにひっついてくるようです。

南米にはアルゼンチンアリやアマゾンにいる軍隊アリなどかなりのライバルがいるからこそ爆発的には増えませんが、天敵がいない地で爆発的に増えるのは当たり前ですよね。



この侵略者たちは日本原産のアリよりも強いので、のさばらせてしまえばあっという間に日本中に広がること間違いなしです。



どちらにしろ今回見つけた女王アリはすでに死んでいるため、次の女王アリさえいなければ問題はありません。しかし、次の世代がいるような事態があれば、10年後には爆発的に増えているというのが大方の予想みたいです。





万が一ヒアリに刺された場合はどうすればいいのでしょうか

https://allabout.co.jp/gm/gc/469891/


・まずは動き回らず安静にして、体調に変化がないかどうか観察


・ヒアリに刺された瞬間は、熱いと感じたり、激しい痛みが走ったりすることが多く、次第に刺された部分に痛みやかゆみが出てくる


・症状が強くなると、刺された部分から腫れが広がり、全身に盛り上がったかゆみを伴うじんましんが出てきます。


・重症のケースでは、刺されて数分から数十分で、じんましんだけでなく、息苦しさ、声がかれるなどの呼吸困難、動悸、めまいなどの血圧低下、さらに意識を失う意識障害を起こします。いわゆるアナフィラキシーおよび血圧低下があれば、アナフィラキシーショックです。




アナフィラキシーショックの対応方法

https://allabout.co.jp/gm/gc/300591/


・横になり、足を起こす(血液を心臓や頭に行くように)


・エピネフリン(血圧を上げる薬)の皮下注射または筋肉注射


・点滴


・抗ヒスタミン薬やステロイドの投与

呼吸困難が強いときには気管にチューブを入れることがあります



蜂にもヒアリにも血圧を上げる薬を自己注射できるアドレナリン自己注射キットである


エピペン


が効くようなので、ヒアリが見つかった周囲の地域の方々には持っていても損ではないと思います。

特に、一度蜂やヒアリに刺されていた場合は持っておくことをオススメします。





人間の経済圏と共に移動する虫や動物はたくさんいます。

既存種を守るためにも、難しいですが瀬戸際で食い止めたいものですね。

小池さん頑張れー(棒読み)

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170702-00000076-jnn-soci



東京都議選が行われましたね。

みなさんご存知の通り都民ファーストの会が第1党となりました。







今回の結果は、自民がかなり大敗し、都民ファーストと公明党が大勝するという結果です。


もちろん民進は蚊帳の外という感じです。



良くも悪くも、都民の皆さんが小池氏の新しい議会、都民ファーストという言葉に期待を寄せたのではないでしょうか。





さてさて、小池さんはどのような東京にしたいのか実際にHPを見に行きました。

https://www.yuriko.or.jp/


東京大改革の中身抜粋



・「都民ファースト」「情報公開」「賢い支出」の3つの原則を徹底いたします。


・都民の皆様と共に大義と共感のある都政を進め、なすべきビジョンである「セーフシティ」「ダイバーシティ」「スマートシティ」の「3つのシティ」を実現する。


・仕事のやり方、職場環境を広く見直して、生産性の向上とライフ・ワーク・バランスの実現を目指す


・「倒れない・燃えない」まちづくり


・女性が育児か仕事かの二者択一を迫られている現状を打開すべく、待機児童対策には大胆に予算を配分


・教育では英語を使う機会を拡大をいたしまして、実践的な英語力を高めるプロジェクトを開始





他にも、テロの脅威から東京を守るみたいなことや豊洲問題への謝罪的なことも書いてありました。

一度興味があるなら読んでもらえるといいと思います。




ただ、主はあまり小池氏には期待していません。

おそらく舛添さんよりかはいい政治?をしてくれるとは思いますが、パフォーマンスが強すぎると感じるからです。


もちろん、都政で自民一強を崩し古い体制を打破し、公明党と組んで自分の政治をしやすくなった手腕は認めます。

しかし、これこそフレンズとの馴れ合い政治になってしまうのではとも感じます。さらには現職はたったの10人だけで残りの40人くらいは初当選的な素人ばかり。加えて元民進とかもいらっしゃる様子。


さすがに色々と政治やなんやらと勉強してから立候補してると信じたいですがそこのところはどうなんでしょうか。



https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashiryohei/20170701-00072782/




さらには豊洲・築地問題です。


http://m.huffpost.com/jp/entry/17065898


主的にはそもそも豊洲を作るべきではなかったと思います。築地の耐震強化や建て直しで済ましとけばここまで大ごとにはならなかったはずです。


しかし、豊洲を作ってしまった以上移転すべきです。なぜ豊洲に移転しつつ築地も残すという築地を捨てる選択ができなかったのか。


二兎追うものは一兎も得ずということわざにもあるように、どちらにもいい顔をするというのはまずできません。

あれだけ地下水やら安全だが安心ではないなどと豪語しながら残すという判断に驚きを隠せませんでした。


主は素人なので専門家の方々たちがよく考えた結果なのであれば仕方ありませんが。





期待値が大きければ大きいほど、失望する度合いも大きいです。

東京都は日本の首都であり、日本の顔でもあります。


都民が望む東京を目指して頑張って欲しいです。